冬のバチバチ!静電気対策◇

空気が乾燥すると、たまに起きる不快な静電気

ドアノブなどでバチバチッときたり、服を着たり脱いだりしたときにパチパチパチ…と起きたり。
今回は静電気についてです。

静電気は、ものとものが触れ合ったり、摩擦が起きることによって発生しますが、通常は普段の生活の中で少しずつ放電されていきます。

空気が湿っていると電気がそちらに流れていくので、梅雨時などに静電気が起きにくいのは湿った空気のおかげです。

一方、乾いた空気は放電しにくく、摩擦で蓄えられた電気が、電気を通しにくい物質に囲まれていた場合、電気はそこにとどまります。

とどまった電気でも「流れよう」という性質があるので、金属のドアノブなどの電気を通しやすいものに触れた瞬間、とどまっていた電気が一気に放電し、指先などがバチッ!!となるのです。

健康な人は自然放電しやすく、静電気が起きにくいようです。

自然放電がしにくくなっている人は、不規則な生活睡眠不足などが原因なようですが、正確なことはまだはっきりとはわかっていません。

静電気を防ぐためには、保湿が効果的です。
先程もお伝えしたように、静電気が起きにくいのは乾燥していない状態です。

ハンドクリームをこまめに塗ったり、部屋を加湿して湿度対策をしましょう。

無添加の安心安全のハンドクリームはコチラ

加湿器を使う場合は部屋の大きさ加湿器の加湿機能が見合うサイズを選んでくださいね。
サイズが大きすぎると窓ガラスが結露したりカビが生えてしまいます。

保湿の他には、放電をするのもオススメです。

木製のものや、近くにあるならなどを直接触りましょう。
放電してくれる作用があります。
ガーデニングなどでを触るのも効果的。

身につける衣類によっても静電気の起きる頻度は変わります。

木綿レーヨンなどは電気を帯びにくい素材です。
逆にアクリルポリエステルは帯電しやすいので、服の選び方の参考にしてくださいね。

松本 しのぶ

マーケティング部

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

ドクターリセラ(株)マーケティング部
リセラテラス統括

10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て現在は孫3人を溺愛中の40代働くグランマ。

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
・最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャーとして勤務
・2013年ドクターリセラ株式会社入社
・入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

2017年:ドクターリセラ(株)自社メディア・リセラテラス立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ