掃除が出来れば、仕事もできる!?◇


みなさん、お掃除をするのは好きですか?

ご自宅やオフィスのお掃除は、こまめに行っているでしょうか。

 

家事や仕事が忙しくて、掃除なんてする時間がない…

という方も多いと思います。

掃除仕事

一見、関係なさそうなもの同士ですが、実は深い関わりがあるな…と最近感じています。

ドクターリセラでは毎朝、全社員でオフィスの掃除を行っています。

ドクターリセラで行う掃除の目的は、「身の回りを清掃し、仕事をしやすい環境を整える」こと。

「清掃」を目的としていないため、社内では「環境整備」と呼んでいます。

 

身の回りを整えると気分が良くなってやる気がわきますし、仕事の効率も上がっていきます。

例えば、必要な資料があるとき。

デスク周りはぐちゃぐちゃ、ロッカーには何が入っているかもわからない…では、探す気も失せてしまいます。

探し始めてみても、時間がかかってしまいますよね。

一方で、環境整備が出来ていて「どこに何があるか」が明確であれば、探し物をするためのタイムロスはなくなります。

更にドクターリセラでは、環境整備をするときの心がけとして“新聞紙1枚分のスペースをいかにきれいにするか”にこだわっています。

例えばデスク周りを拭いた時。

ぱっと見るときれいに見えても、パソコンの下や、キーボードのキーの隙間もきれいでしょうか。

マウスの裏にほこりが溜まっていないか、コードを挟んで拭いてみても汚れが付かないかなど、小さいスペースを徹底的にきれいにすることにこだわります。

毎日の環境整備の時間は15分ほど。

限られた時間の中で、オフィス、お手洗い、会議室、カフェスペースなど全てのスペースを漏らさず、そして細かいところまで徹底的に終了できるように考えながら進めていきます。

同じところを毎日掃除していても、「机の裏は掃除していなかった」、「配線が乱れている」などの新しい発見をした時には嬉しくなります。

環境整備を習慣にしていれば、頭の中の整理整頓もでき、仕事でのミス防止・お客様への細かな気配り・スケジュール管理など様々な面で活かしていく事が出来ます。

毎日が仕事で忙しい…

ストレスが溜まっている…

そんな方こそ、デスク周りの環境整備から初めてみるのも良いかもしれません。

松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
シングルマザーとして2人の娘を育て、孫二人を溺愛中
40代働くグランマ

【経歴】
補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
海外での授賞式に参加後、最年少で店長を任される
その後、大手エステテックサロン・エステティシャン
トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
ドクターリセラ株式会社へ入社
入社後10か月で、配属直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円に
その後直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成へ導く

働く女性・子育て中のママ・子供たちの為の毎日を
【キレイ・健康・笑顔】をテーマに
ドクターリセラ(株)自社メディアWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ