今さら聞けない!メイクブラシの種類&正しいお手入れ

毎日のメイクアップに使うツール、お手入れしていますか?

パフメイクスポンジメイクブラシなどは毎日使ってだんだん色がついてきますよね。

お顔に直接触れるものなので、皮脂雑菌がつきやすく、ずっとお手入れをせずにいると不衛生になります。

メイクアップタイムが終わってもお化粧品がずっとついたままになるので、使い心地もだんだん悪くなってしまいます。

お手入れは難しいことではないので、少し手間かもしれませんが、1ヶ月に1回ほど洗うようにしましょう。

ブラシはぬるま湯につけ、石鹸で優しく洗います。

ブラシは毛の流れに逆らうと傷んでしまうので、毛の流れに沿って優しく扱ってくださいね。

パフは中身がよれてしまわないように、手のひらを使ってぎゅっぎゅっと押し洗いします。

ふわふわ具合が残るように、平らにしながら洗うことを意識してください。

メイクスポンジは、プラスチックのカップなどに溜めたぬるま湯につけて、使った部分に石鹸をつけて握るようにして洗います。

ブラシ、パフと比較すると少々扱いが荒くても大丈夫ですが、破れないように気をつけてください。

 

コスメにセットで入っているスポンジがついている小さいチップも同様の洗い方で大丈夫です。

洗ったら、水分をよく切って、丸一日放置して乾かしましょう。

メイクツールが完全に乾いてから、優しくブラッシングしてケースに戻すようにしてください。

直射日光やドライヤーなどで乾かすと毛が傷みますのでやめましょう。

せっかくのメイクブラシですから、正しく扱って長く使えるようにしたいですよね。

 

メイクブラシには、天然毛合成毛があります。

天然毛の中でも、動物の種類によって毛質の柔らかさが異なったり、

フェイスブラシ、チークブラ、アイシャドウブラシ、アイブローブラシ、リップブラシなど、用途によって原毛の種類も様々です。

ドクターリセラからは、動物の毛を使った人気のメイクブラシが販売されています。

8種類のメイクブラシがあり、用途に合わせてサイズを変えてお使いいただけます。

プロ仕様の天然の毛を使用していますので、丁寧なお手入れをしてあげてくださいね。

公式サイト、お取り扱いサロン様より購入できます。

アイシャドウパレットなどに元々ついているブラシは、あくまでも簡易的なもの。

きれいな色付きを求めるなら、ちゃんとしたメイクブラシの導入をおすすめします。

ドクターリセラ メイクブラシ はコチラから

また、メイクブラシを使っていて、アイシャドウの色が混ざるというお悩みはありませんか?

薄いブラウンを塗りたいのに、その前に塗った濃いブラウンが残っていて思った仕上がりにならない…などという経験がある方もいると思います。

ティッシュオフしてから次の色を塗っても、意外とメイクブラシに色が残ってしまいますよね。

そういう場合は、メイクブラシのドライクリーナーをDIYしちゃいましょう!

ドライクリーナーとは、アイシャドウの色を変えるときに使うもので、ブラシをこするだけで色がキレイに取れる道具です。

用意するものは、目が粗いスポンジと、浅めの缶です。

缶の形に沿ってスポンジを切り、はめ込むだけ。

スポンジは石鹸で洗えば半永久的に使えます!

 

キレイなメイクツールは、メイクのノリがよくなり気分もアガります。

1ヶ月に1回の「メイクツールへの感謝の日」として

メイクツールをキレイにしてあげましょう!

松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
シングルマザーとして2人の娘を育て、孫二人を溺愛中
40代働くグランマ

【経歴】
補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
海外での授賞式に参加後、最年少で店長を任される
その後、大手エステテックサロン・エステティシャン
トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
ドクターリセラ株式会社へ入社
入社後10か月で、配属直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円に
その後直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成へ導く

働く女性・子育て中のママ・子供たちの為の毎日を
【キレイ・健康・笑顔】をテーマに
ドクターリセラ(株)自社メディアWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ