〇実は私がもらっているもの

コロナ禍で出張やイベントが少なくなっている中、
先週は久しぶりに出張やイベントのスケジュールが入り、
感染対策に注意を払いつつも
リアルでお逢い出来る嬉しさを噛み締めた週となりました。

“夢をかなえるチカラになる”というスローガンの下、
東日本大震災の孤児、遺児の将来の夢を叶えるために支援をする団体、「3.11塾」主催の塾生と支援者との交流会は
会う毎に逞しく成長している子ども達や、見守る保護者さん達から、
たくさんのパワーと感動をもらう一日となりました。



例年は、塾生や保護者の方々、支援者で
プチ旅行やミュージカル観劇、お食事会などのふれあいの機会が催されていましたが、
今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に配慮し
仙台のホテルで数時間の交流会となりました。



私は前後のスケジュールから、大阪から仙台へスピード日帰りをしましたが、
疲れるどころかエネルギー満タンで帰路に着いたのでした。

なぜかと言えば、塾生達の成長が目覚ましかったから。

会場入口で私を見つけたひとりの塾生が駆け寄ってくれ
「夢だった料理人としての勤め先が決まりました!」と報告してくれました。

他にも、芸術やスポーツ、エンジニア、介護、看護などといった
ひとりひとりの塾生達が自分の描く夢に向かって一歩ずつ歩んでいる事や近況を笑顔で報告し合う姿が、
親戚のおじさん、おばさんになったつもりで支援する私達に、
回を追う毎に温かいエネルギーを与えてくれるのです。



更に同日、代表の三枝成彰さんから嬉しい報告がありました。

同代表である林真理子さんが菊池寛賞とギネスの世界記録に登録されたというのです。

まるで家族や親戚が受賞したみたいに更に温かいムードに包まれたのでした。

私は5年程前からこの支援の輪に入れていただいているのですが、
震災から9年、代表理事の三枝成彰さん、林真理子さんはじめ、理事の方々は、
多忙な本業の中で「3.11塾」を立ち上げ、継続されている姿にも毎回頭が下がる想いです。

先日、私達の勉強会(ドクターリセラ主催エステサロンオーナー様向け勉強会)でも
ご講演くださった林真理子さんに
支援を継続されている理由を尋ねると、
「社会にお返しするのは当たり前のこと」と取り立ててアピールするでもなく
淡々と答えられたことにも器の大きさを改めて感じました。

いつかのチャリティーオークション会で印象的だった、塾生のスピーチで
「困った人に出会った時は、いつかこんな支援が出来るようなカッコイイ大人になりたい」と言っていたこと。
親戚のおじさん、おばさんは、
これからも「3.11塾」の塾生達の夢を叶える応援を続けて行きます。



と言いながら、実は、塾生や代表理事達支援者の方々に
いっぱいの教えをいただいているのは、私という事に気付くのでした。

「3.11塾」公式Hpはこちらから
http://www.311juku.jp/

———————————————————————————————————

【ラジオ幸せの羽根 プレゼント企画】



ご応募に必要なキーワードは
「チカラ」です。

応募フォームに記載のうえ、ぜひご応募ください!

ご応募はこちらから
*ページ公開は11/6(金)となっております


youtubeでも美容情報をお届けしています!

Kyokochannel

最新回は
[美肌ケア]お肌のプロに質問!美肌のための5つのポイント大公開♡

是非ご覧ください。

奥迫 協子

ビューティー
ライフクリエイター

奥迫 協子KYOKO OKUSAKO

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
58才、孫4人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるビューティーライフクリエイター、美容会社の取締役、イメージモデルとしても活動中。

 

 

 

奥迫 協子の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ