オンラインでのコミュニケーションで注意するべき2つのこと

みなさま、こんにちは!
ドクターリセラをこよなく愛するフリーアナウンサーの魚住りえです。

 

コロナの影響が長引いておりますが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

 

ライフスタイルはもちろん、働き方が変わり、オンラインでのコミュニケーションがますます増えていきますね。

ビジネスパーソンのかたから、zoomなどを使ったコミュニケーションスキルについてのお悩み相談を良く受けるようになりました。

 

そこで今回は、私の経験に基づいて、必要だと思うオンラインでの話し方についてお伝え致します。

オンラインでは、声が聞こえ、表情も確認でき、一見対面での会話に近いような気もしますが、やはり、自分と相手の間に「画面が1枚あるか、ないか」は大きな違いなんですよね。

 

オンラインでの特徴が二つあります。

一つ目は、「視線が四角で囲まれた画面の範囲に集中すること」です。

 

リアルで話していれば視野が広いので、自然に注意が分散しますが、オンラインでは話し手にみんなの視線が釘付けになります。

上体をゆらゆら揺らしたり、座り直したり、身動きしがちな癖があるかたは、オンラインでは目立ちやすく落ち着きのない印象を与えてしまうので、クセを直すように意識されると言いと思います。

オンラインの視線は、テレビのワイプで抜かれているのと似ている状況です。

 

そこで、逆にあえて「リアクションを大きくする」のは効果的です。

 

例えば「嬉しいときは、画面に両手が映る位置で拍手する」

「話が面白いと感じたら、大きめにうなずく」

など、あえてのボディランゲージを使うと、オンラインで会話が活発になり、話しやすい空気になります。

 

二つ目は、通信環境にもよりますが、「やりとりにタイムラグが発生すること」です。

 

「それは素敵ですね!面白いですね!」と相槌を打ったら、それが相手に聞こえたときは次の話題に移っていいた・・・

なんてことは皆さん経験がおありではないでしょうか?

 

基本的に、相手が言い終わるまで言葉は差しはさまないのは、既に気を付けられているとは思いますが、聞いているうちに「話がどんどん逸れていってしまう」こともありますよね。

ここで、テレビの情報番組などの中継リポートをイメージしていただきたいのですが、中継先のリポーターとスタジオにいる司会者や出演者とのやりとりは、事前に構成された台本があります。

大体の流れは最初に決めておきます。

 

そしてお互い手元にメモがあり、例えば「3分」など限られた短い時間の中で、話がずれていかないよう、お互いコントロールしています。

内容が少し伝わりづらかったり、難しい場合、視聴者の理解が置いてきぼりにならないように「○○さん、それは~ということでしょうか?」「~ということであってますか?」と質問します。

 

オンラインでの会議などの会話は、ずばり、テレビ中継のやりとりと同じです。

なので、オンラインのときは、手元に相手の発言をメモしておき、「先ほどのお話は、つまり~ということでしょうか?」などと、自分の言葉で言い換えながら、要点をお互いに意識しながら進めていくと良いと思います。

 

とはいえ、私も!操作も含めて、未だにオンラインは慣れていない部分も多く、もっと使いこなせるようにしていきたいと思っています。

 

一緒に頑張りましょう~!!

 

 

魚住 りえ

タレント
フリーアナウンサー

魚住 りえRIE UOZUMI

大阪府生まれ。広島県育ち。
母がピアニストという家庭で3歳からピアノの専門的なレッスンを受け、音感を養う。高校時代、放送部に在籍し、数多くのアナウンサーを輩出しているNHK杯全国高校放送コンテストに出場。朗読部門で約5,000人の中から全国3位に選ばれる。慶応義塾大学時代は放送研究会に所属。

1995年、慶応義塾大学文学部仏文科卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。報道、バラエティ、情報番組などジャンルを問わず幅広く担当、出演番組に「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都 心の旅へ」などを担当。

2004年フリーに転身し、テレビ、ラジオを問わず幅広く活躍中。中でも、2004年からナレーターを務めるテレビ東京「ソロモン流」では、わかりやすく、心に響く語り口に定評がある。 「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行う。経営者や弁護士といったビジネスパーソンを中心に口コミで広まり、多くの方が受講する人気レッスンに。

著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済新報社)が15万部を超えるベストセラーとなっている。
近著に「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」(東洋経済新報社)があり、シリーズ累計20万部を突破した。


本業のかたわら、ピアニストの姉・魚住恵とともに、「姉妹で奏でることばと音色~朗読とピアノ演奏による姉妹コンサート~」にも取り組む。

他に、「10歳若返る!話し方のレッスン」(講談社)

 

 

 

魚住 りえの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ