知らないうちに?タオルの刺激に気をつけよう 

普段何気なく使っているフェイスタオルバスタオル


手を洗った後に手を拭いたり、洗顔後に顔を拭いたり、お風呂上がりの身体を拭いたり、汗を拭いたり…。

タオルに触れない日はきっとないはず。

せっかく毎日使うタオルですから、ふわふわした使い心地の良い状態で使いたいですよね。

今回はタオルのお話です。



まず、タオルの替え時について知っておきましょう。

皆さんはタオルをどのタイミングで交換していますか?

ゴワゴワして肌に刺激を感じたら?
洗ってもニオイが気になるようになったら?

タオルが役目を終えるタイミングは、家庭や個人によって様々かもしれません。

 

一般的に、タオルの寿命は【30回の洗濯】といわれています。

30回以上の洗濯回数になると、タオルの繊維などが傷んで吸水性が悪くなり、肌触りも硬くなってしまうためです。

※もちろん、あくまで寿命の目安ですので「30回洗濯したら必ず捨てましょう」ということではありません。

 

素材によっても寿命は変わります。

タオルの素材はリネン(麻)、コットン(綿)、ガーゼ、マイクロファイバーなど、様々なものがあります。

寿命が長いのはリネンコットンですが、コットンの産地によっても寿命や手触りは変わってきます。


タオルの寿命を長くするにはコツがあります。

ひとつは、一度で多くの量を洗濯しないこと。

洗濯機にたくさんの洗濯物を押し込むと、他の衣類との摩擦が起きて生地が傷みやすくなります。

洗濯物の量が多いときは、2回に分けて洗ったり、洗濯ネットを使うなどして摩擦をなるべく軽減させましょう。



もうひとつは、乾燥機を使わないことです。

乾燥機で乾かすとふわふわに仕上がるので、乾燥機の方がいいかも、と思うかもしれませんが、長期的に見ればタオルが縮んだり、生地が傷む原因にもなる可能性があります。

出来れば、タオルはなるべく干して自然乾燥がおすすめです。

また、紫外線が強く当たるところに干すと紫外線のダメージで繊維がもろくなり、色あせの原因にもなるので、 タオルは日陰干しがベストです。



タオルを洗濯する洗剤は、洗濯用石鹸がオススメ。

洗濯石鹸を使うと、繊維へのダメージが少ないと言われています。

ただ、洗濯機によっては粉石鹸は使用できないこともあります。

液体石鹸もあるので、おうちの洗濯機に合わせて洗剤を選んでくださいね。


タオルのふわふわを維持するには、タオルを立てて保管することも有効です。

重ねて保管すると、下の方のタオルのふわふわが損なわれてしまうためです。

保管場所にもよりますが、立てた方がタオル全体を見やすいので、下から取ってぐちゃぐちゃ…ということもありません。

 

何気なく使うタオルですが、少しの工夫でふわふわのタオルを維持することができるので、ぜひ試してみてください。

私はタオルのお手入れに加えて、お肌に優しい素材のタオルを選ぶようにしています。

最近のお気に入りは竹の繊維で出来たTAKEFUのタオル

孫も大好きでいつも取り合いです。

 

タオルがふわふわだと、使うのが楽しみになりますね。

ぜひ、皆さまも試してみてください!

 

 

 

松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て、
現在は孫二人を溺愛中の40代働くグランマ

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
・2013年ドクターリセラ株式会社へ入社
入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

働く女性・子育て中のママ・子供たちの毎日に
【キレイ・健康・笑顔】をテーマに
ドクターリセラ(株)自社メディアWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ