必要な時にすぐ!15秒で作れるハンカチマスク

ウイルス対策や花粉対策として、通年で利用するようになったマスク。

以前はマスクといえば不織布の白いマスクが定番でしたが

今では様々なマスクが登場し、定番化していますね。

ショッピングモールの中には「マスク専門店」が出来るほどです。

 

そんな必需品のマスクですが、家にストックがないときや、外出時に忘れてしまった時、急遽マスクが必要な時などはありませんか?

今回は、15秒で出来る簡易マスクの作り方をご紹介します。

 

★用意するもの

・大判のハンカチ(ガーゼ)

・ヘアゴム2本

★作り方

①ハンカチ(ガーゼ)を三つ折りにします。

②ヘアゴムを左右から通します。

③ハンカチ(ガーゼ)の両端をヘアゴムの部分で折りたたんで顔に当て、

顔の大きさに合わせて調節します。

完成です!

とっても簡単ですよね♪

 

*私のおすすめは!

衛生面に優れお肌に優しい肌衣(はごろも)マルチクロスで作る 肌衣マスク!!

作り方はこちらから⇓

 

ハンカチマスクのメリットとしては、

■おうちにあるもので簡単に作れる

■布のマスクなので肌にも優しい

■好きな柄のマスクが出来る

■お洋服とコーディネートできる

■洗えばまたハンカチとして使える

などが挙げられます。

ハンカチマスクは簡単に作れる上に、ゴムの位置を調節するだけで大きさが変えられるので

マスク着用中によくある「長時間着用していると耳が痛くなる」というトラブルが起きにくくなります。

 

折りたたみ方を変えればタテの幅も変えられるので、

マスクで顔が埋もれてしまう小顔さんにもオススメ。

 

お気に入りのハンカチで作れば、愛着のあるマスクにもなりますし

ハンカチを使うことで汗や湿気を吸収してくれるので、お肌トラブルも軽減できます。

 

一般的な使い捨てマスクでお肌トラブルが起きたことがある方は

ぜひ一度布のハンカチマスクを試してみてくださいね。

 

ハンカチマスクに使用する大判のハンカチは、50cm×50cmくらいの大きさがオススメです。

さまざまなブランドからハンカチが出ているので、

この機会に1枚大きめのハンカチを持っていても良いかもしれません。

 

ハンカチマスクを手作りする際に、おしゃれの一環として
パーソナルカラーを取り入れるのもオススメです。

パーソナルカラーにはブルーベースイエローベースがあり、春夏秋冬の4タイプに分かれています。
ここでは詳しいことは省きますが、自分のパーソナルカラーを知ってコーディネートに取り入れると、健康的に見えたり、肌色がきれいに映えたりします。

素敵だと思って買ったお洋服やお化粧品がしっくり来ないというときは、パーソナルカラーから外れていたのかも。

ハンカチマスクならコーディネートのアクセントとして取り入れることができるので、ぜひパーソナルカラーを取り入れてみてください。

ニューノーマルな日常も、おしゃれに楽しく過ごしていきましょう♪

松本 しのぶ

マーケティング部

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

ドクターリセラ(株)マーケティング部
リセラテラス統括

10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て現在は孫3人を溺愛中の40代働くグランマ。

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
・最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャーとして勤務
・2013年ドクターリセラ株式会社入社
・入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

2017年:ドクターリセラ(株)自社メディア・リセラテラス立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ