大切なお子様の肌を守るために お肌に優しいスキンケア

赤ちゃんやこどものお肌はぷるぷるでもちもちが
当たり前だと思っていませんか?

赤ちゃんやこどもの皮膚は、大人の皮膚よりも薄く
水分を保つ力が強くありません。

そしてこどもは大人よりもたくさん汗をかいたり、
外遊びで土やホコリが付着したり、
赤ちゃんはオムツで蒸れたり、
実は肌トラブルの原因となるものが多くあります。

こどものお肌をぷるぷるに保つには、
清潔に保つことや、乾燥させずに保湿をすることが必要です。

お風呂のときは、シャワーでしっかりと汚れを洗い流し、
ボディソープを泡立てて優しく洗いましょう。

ボディスポンジなどは摩擦が起きてしまうので、
こどもの柔らかいお肌には向いていません。

また、洗いすぎもお肌のバリア機能を低下させるので、
泡を素手で滑らせるようにして洗いましょう。

また、41℃以上の熱いお湯に浸かると、
お肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

皮脂が足りないとバリア機能が低下し、
お肌に水分を留めておくことが出来なくなり、
お肌の乾燥を招くことになります。

お風呂上がりは清潔なタオルで水分を拭き取り、
保湿ジェルや保湿クリームを塗りましょう。

タオルで拭き取るときも、ゴシゴシこすらずに
タオルでお肌を押さえるようにして水分を取り、
お肌に余分な刺激を与えないようにしましょう。

乾燥肌を防ぐためには、お肌の保湿だけでなく、お部屋の加湿も大切です。

お部屋を加湿することで、喉や鼻の粘膜の乾燥も防げるので、
インフルエンザ対策や風邪対策にも有効です。

冷房や暖房でエアコンを使うと、その分お部屋が乾燥してしまうので
加湿器などでお部屋の湿度を保ちましょう。

お洗濯物を部屋干しすることも、部屋の湿度をあげるひとつの方法です。

こどもはたくさん汗をかくので、夏場は特に「あせも」に気をつけたいですね。

あせもは、汗が肌の表面に流れ出ることができず、
汗腺に汗が詰まってしまうことが原因です。

汗をかいたらなるべく早くシャワーで流したり、
タオルやハンカチで拭くことを心がけましょう。

かいた汗をそのままにしているのは一番NG。

服は肌に優しい綿のものや、吸水性の高いものを選んで。

赤ちゃんやこどものお肌を守る保湿剤には様々な種類があります。

■ローションタイプ
化粧水、乳液タイプの保湿剤。
どんなお肌状態にも合う一般的な保湿剤です。

■オイルタイプ
お肌の保湿以外にも、赤ちゃんの鼻や耳の掃除や
おへそのケア、ベビーマッサージにも使えます。

■クリームタイプ
特に乾燥しがちな赤ちゃんやこどもには、
テクスチャが重めのクリームタイプがオススメです。

お子さんの乾燥度合いや肌タイプに合わせて
選んであげてください。

赤ちゃんの肌質には個人差があるので、
低刺激の保湿剤でも肌に合わないこともあります。

体全体に塗る前に、太ももの内側などの
目立ちにくいところで試すと安心ですよ。

こどものお肌を健やかに保つには、紫外線対策も大切です。

ベビーカーに乗るくらいのお子さんは、ベビーカーのフードを活用したり、
ボディ用の日焼け止めを塗るようにしましょう。

ベビーカーのフードを利用する際には
ベビーカー内に熱がこもらないように注意してください。

大切なお子さんのために、安全でお肌に優しいスキンケアを選びましょう。

松本 しのぶ

マーケティング部

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

ドクターリセラ(株)マーケティング部
リセラテラス統括

10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て現在は孫3人を溺愛中の40代働くグランマ。

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
・最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャーとして勤務
・2013年ドクターリセラ株式会社入社
・入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

2017年:ドクターリセラ(株)自社メディア・リセラテラス立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ