愛犬と過ごして感じたこと。

みなさま、こんにちは!

ドクターリセラをこよなく愛するフリーアナウンサーの魚住りえです。

緑が綺麗な季節になりましたね!

ありがたいことに、家の近くに自然あふれるドッグランがあります。

その広場では、木々は青々とした葉をつけて、色とりどりの花が咲き、鳥のさえずりが時々聴こえたりして、お散歩が楽しくなります。
そこでは、しっかりと気をつけながら、わんちゃんたちの飼い主さんたちと交流しています。

今は赤い大きな芍薬が満開!で、視線を下にやると、負けじとピンク色の山茶花も咲き誇っています。
他に、紫や黄色の小さな花たちが茂みから顔を見せ、犬たちと一緒に笑ってくれているようです。

満面の笑みで追いかけっこしている犬たちを見ると、知らないうちに自分も笑っているのに驚きます(笑)
難しい顔をしてあらわれた飼い主さんも、帰るときは自然と目が優しく笑っているのが分かります。

でも、これからたくさんの虫たちにも出会うことになりますが・・・・

犬を飼って、より一層、自然と生き物のバランスは大事だなと感じています。

緑の中で過ごしたり、海を眺めて波の音を聞いているととても癒されるのですが、自然との共生を思う時、どうすればすべての生き物がそれぞれの務めを果たし、いのちを繋いでいけるのか考えます。

人間も自然の一部なわけなので、価値観や今まで当たり前を思っていたことを変える必要がありますよね。

特に若い世代の方たちは、私のような世代と比べて学校で環境問題を勉強しているからか、就活で企業を選ぶ時も、社会貢献や地球環境を守る取組みをしている会社かを選ぶ条件に加えているそうです。

エシカル消費がやっと日本で普及し始めていて、エコの認証マークのついたものを選ぶ方も増えてきたそうです。

コロナ禍でせわしなく過ごしていた中で、立ち止まり、丁寧な生活を過ごすうち、畑を始める人も多いとか。地方で使われなくなった土地を再利用して、都会から農業を始めたい方が休耕地を借り、週末に作業をしたりなど・・・

そうするとその地方や地域が活性化しますし、地方創生に繋がることになります。

コロナで失うものが多いのは事実ですが、こういった良いことにも目を向けて、ワクチンが普及するまでもうひとふんばりしましょう!

私も頑張ります!

 

魚住 りえ

タレント
フリーアナウンサー

魚住 りえRIE UOZUMI

大阪府生まれ。広島県育ち。
母がピアニストという家庭で3歳からピアノの専門的なレッスンを受け、音感を養う。高校時代、放送部に在籍し、数多くのアナウンサーを輩出しているNHK杯全国高校放送コンテストに出場。朗読部門で約5,000人の中から全国3位に選ばれる。慶応義塾大学時代は放送研究会に所属。

1995年、慶応義塾大学文学部仏文科卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。報道、バラエティ、情報番組などジャンルを問わず幅広く担当、出演番組に「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都 心の旅へ」などを担当。

2004年フリーに転身し、テレビ、ラジオを問わず幅広く活躍中。中でも、2004年からナレーターを務めるテレビ東京「ソロモン流」では、わかりやすく、心に響く語り口に定評がある。 「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行う。経営者や弁護士といったビジネスパーソンを中心に口コミで広まり、多くの方が受講する人気レッスンに。

著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済新報社)が15万部を超えるベストセラーとなっている。
近著に「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」(東洋経済新報社)があり、シリーズ累計20万部を突破した。


本業のかたわら、ピアニストの姉・魚住恵とともに、「姉妹で奏でることばと音色~朗読とピアノ演奏による姉妹コンサート~」にも取り組む。

他に、「10歳若返る!話し方のレッスン」(講談社)

 

 

 

魚住 りえの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ