年輪

2回目のステイホームのゴールデンウィーク
我が家の期間中の一番のミッションは、21件の自治会費一年分の徴収を完了すること。

75歳以上は組長をお断りできる権利があるらしく、噂によると今は13年に一度くらいだとか。

地域の高齢化を考えると、そのうち5年に1回くらいのペースになりそうだと半分笑いながら、そして半分本気で前夜に家族と話しながら、
領収書やら任意の寄付金の封筒やらリストやら釣銭などを準備して、翌朝10時にいざ出陣。

どのお宅も気持ち良いほどピッタリの金額を封筒に準備して、初対面の私たちに労いの言葉をかけてくださる。

「ありがとうね」
「大変なのに、悪いわね、」
「今年やってくれるのね」
「こんな年寄りだけど、出来ることは何でも手伝うからね」
「お母さんどうしていらっしゃる?」
「お母さんからあなたのお話、よく聞いていたんですよ」
と、
絶妙の距離感と間合いに、ご高齢者への畏敬の念すら抱きながら、
あんなに煩わしかった徴収作業が、だんだん楽しくなってきた。

お留守だった2件のお宅も、翌日伺う前に、わざわざ持って来てくださり、
目標2日間の設定が、小一時間ほどで終了した。

事前に回覧板で予告しているとはいえ、
このスムーズな展開は一体何なのか。

同時に昨年、徴収に来てくださった方に、我が家は一体どんな渡し方をしたのだろうかと
物凄く気になり、
でも記憶にすら残っていなかった。

面倒だなぁ~
と思っていた自分の感情そのものに不快感を覚えながら、

何よりも、
回覧板をきちんと読んでいる人なんて少ないだろうとか、
会費も寄付金もきっと混ぜて渡されるだろうとか、
一万円札を出す人もそこそこ居るだろうとか、

世間にカブレてしまっているような自分の感覚に、うんざりするような嫌気がさした。

75歳以上の方々に組長を断る権利があるのは、
ご高齢で体力が無いからだと思っていたけど、

人や地域への配慮とか感覚が醸成された人は、
自然の摂理でお役目を卒業していくように思えてきた。

その年輪が、私にはまだまだ足りない。

修業が必要な人間は、5年に一度と言わず毎年ご近所を、許される日が来るまで
自治会費の徴収に回り続けるのが良いのかもしれない。

世間で言う、若いモンがやるとは、
こう言うことなのかもしれないと思う。

面倒なことや煩わしいこと
引き受けてみるのも悪くない。

どうせやるならブツブツ言わず、初めから気持ち良くやれ。

人生において数えきれないほど繰り返してきた自身への戒め、
この年輪は、順調に重ねている。

Recella Academy 藤川知子
2021年5月8日
京都府宇治市の自宅にて

 

ささやかながらのSDGs
着ないけど捨てれない、お気に入りだった古いワンピースをアウターにリメイク
余った布で、マスクとシュシュを作ってみた♪♪

藤川 知子

リセラアカデミー代表
ヘッド講師

藤川 知子TOMOKO FUJIKAWA

藤川知子
リセラアカデミー代表 ヘッド講師

大手国産化粧品メーカーにて、関西圏百貨店部門の美容教育トップを務め、数多くの
部下・後輩へ美容に関わる楽しさや喜び、その価値が社会貢献に繋がっていく事を提唱。

その後、総合エステティックの会社にて教育総責任者として、新人教育をはじめチーフ/店長/カウンセラーなど全階層の教育研修を行いながら、サロン運営プログラムを開発、数々の繁盛サロンを生み出すなど、コース開発や製品開発にも携わる。

『コンプレックスを取り除き、美しくなる事で幸せになるお手伝いをし、世の中に貢献する』という強い信念で美容の仕事に従事している、美容教育のエキスパート。

エステティシャンのプロフェッショナルを養成する機関として<リセラアカデミー>を立ち上げる。
長年の美容教育経験、サロン運営や幹部育成などの実績とノウハウを生かし、
現在ドクターリセラ社内教育と共に
リセラアカデミー美容教育の企画運営、講師として活躍。

 

 

 

藤川 知子の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ