• 福田 貴之
  • 2021.09.13

「秋分」に気を付けるべきポイントについて

こんにちは、漢方養生スタイリスト「福田 貴之」です。

今回のテーマは「秋分(しゅうぶん)の時期の養生」についてです。
「春分(しゅんぶん)」から半年経ったこの日は、大きな季節の分かれ目でもあり、夜が長くなる第一歩でもあります。
そんな「秋分」は今年は2021年9月23日(木)です。
この時期に気を付ける過ごし方、「養生(ようじょう)」についてお話してまいります。
本日もどうぞ気軽にお読みください。

「秋分(しゅうぶん)」は秋を分けると書くように、大きな季節の分かれ目と考えています。夜が長くなり、「芸術の秋」を堪能できるスタートでもあります。
そして「寒さ暑さも彼岸まで」と言われるように、夏の暑さから解放される目安になる日です。
とはいえ、着るものに困る時期でもありますので、寒さ、暑さ両方の対策を忘れないようにしましょう。
特に「5つの首」(怖い笑)を冷やさないように注意しましょう。
「首」「手首」「足首」合計5つの首を女性は特に冷やさないように注意します。またお腹を壊しやすい人は「くびれ」のある6つ目の「くび」、ウエストを冷やさないように腹巻をしましょう。
※風邪の原因になる「風邪(ふうじゃ)」は首の後ろから入るといわれています。体調管理のためにも「首」は冷やさないようにこの時期はしましょう!

食事で養生するならば、五行で秋は「白」。そして「臓腑」は「肺」です。
白い食べ物で、秋から壊しやすい「呼吸器系」や「皮膚」を守る食事を心がけます。
みずみずしい「梨」や「白菜」「蓮根」「豆腐」「白ごま」など白い食べ物を意識しましょう。
喉、皮膚を潤しトラブルから守っていきます。
梨や白菜・豆腐などみずみずしい分「寒涼性(かんりょうせい)」の食べ物なのでできれば常温で午前中に食べることで体の冷えを緩和することが出来ます。(白菜やお豆腐は熱を入れて温かく食べると良いですね)

秋に美味しい「白い食材」はこの時期にとても合った食べ物です。美味しくいただき、身体も整えましょう。

秋分からどのように健康に注意して生活していくかによって、冬の寒い時期を乗り越える体力がついていきます。
本来は夏から行うのが良いといわれていますが、人は寒くなり、風邪をひきやすい時期になると意識しだす人が多いので、秋からスタートでも遅くはありません。
芸術の秋
美味しい秋
運動の秋
を満喫するためにも体調管理に気を付けていきましょう!

以上です。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

漢方養生スタイリスト福田 貴之でした。

 

福田 貴之

ナレッジ推進室

福田 貴之TAKAYUKI FUKUDA

幼いころから親が共働きで祖父母に育ててもらうなか、親の寡黙に働く背中をみて『自分も家族の役に立ちたい!』と料理に目覚め、高校卒業後調理師・パテシェとして勤務した後にホテルのフロント、レストラン業務を経て30歳でドクターリセラ株式会社へ入社。

化粧品を通して「美と健康と地球環境を守る」為にエグゼグティブアドバイザーとしてエステテックサロンの先生と共に日々お客様を綺麗にする為に奮闘しています。

【ドクターリセラ株式会社】
・遺伝子ダイエットサプリ サポート室
・お客様肌相談室長
・通販テレフォンサポーター責任者
・ドクターリセラ美容クリニック管理
・美容エグゼクティブアドバイザー
全日本全身美容業協同組合認定講師

調理師免許取得
基本心理カウンセラー取得
全米ヨガアライアンスRYT200取得
漢方養生スタイリスト(現在もスキルアップの為勉強中)
ボディーケアセラピスト取得
頭蓋骨調整資格取得など

 

 

 

福田 貴之の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ