今も私の中に生きる、父からもらった言葉。

みなさま、こんにちは!
ドクターリセラをこよなく愛するフリーアナウンサーの魚住りえです。

先月の話になりますが、父が亡くなりました。
89歳。
癌が転移して、高齢ということもあり、色々とどうにもなりませんでした。

東京オリンピックが決まった時から、心待ちにして、毎日指折り、楽しみにしていました。
なのに、オリンピック開会式の12時間前に、息を引き取りました。

生前、お見舞いに行くも、コロナ禍で病室に居られる時間はわずか15分。
限られた時間の中で、毎日「お父さん、あと○日で開会式だよ!がんばって!!」
と声をかけ続けました。
人工呼吸器やら栄養を入れる管があらゆるところにたくさんとりつけられていて、父は、食べることはおろか、話す事もできなくなっていたので、コミュニケーションの手段は、わずかな瞬きと眉の動きだけ。
それだけでも、yes、no、だけでない感情の機微も汲み取ってしまえるなんて、人間のコミュニケーションスキルは言葉だけではないんだなと感じました。

そう感じたのは、お酒が大好きな父宛に届いた美味しい日本酒(山口県の獺祭の純米大吟醸!!)を私が飲んでしまい(父は最期、水も飲むことが出来なかったので、母が代わりに飲んでいいよと言ったので・・・)、そのことを報告した時でした。

「お父さん、毎年頂く獺祭、お父さん入院してるし私が飲んじゃった。ごめんなさい~~」と謝ると、父は一瞬目を細めて、そのあと少し泣きそうな感じで目尻を下げました。その瞬間、父の「そうか~、りえに飲まれたかあ(笑)」という嬉しい気持ちと、「自分も一緒に飲みたかったのに、悔しい。悲しい」という二つの感情を目の動きだけで感じることが出来ました。

ほんの一瞬、わずかな目の動きだけでも、相手に気持ちは伝わるのですね。

ところで、今月発売の拙著「1秒でこころをつかめ。」は、幼い頃から父がよく口にしていた「声の力」と「聞き上手であれ」が礎になっています。
脳外科医だった父は、患者さんの話をじっくり聞くことで有名でした。
下手をすると1時間!でも聞くのです。
そのため、診察室の前は毎日患者さんの長い行列ができてしまい、文句も出ていたと思うのですが・・・
最後まで患者さんの話を聞いた後、父は低い声でゆっくりと治療法を説明していたそうです。
検査の結果、脳腫瘍など出来ていないことが分かっていても「頭痛がするのは頭の中に癌があるからだ」と言い張る患者さんに、「では癌が治る飲み薬を出しますね。もう大丈夫ですよ」といってビタミン剤を処方したそうです。
父が粘り強くその患者さんの話を聞き、出したビタミン剤で頭痛がすっかり治ってしまったので、患者さんがとても喜んでくれたと父が嬉しそうに話していました。

納得するまで話を聞き、じっくり話すことで、場合によっては薬の力に頼らずとも、患者さんの痛みや苦しみを取り去ることが出来るのだと、父から教わりました。

たった一瞬、たった1秒、立ち止まって、相手のために気持ちを込める。
その積み重ねが大きな波となり、人生が変わっていき、相手の人生をも変えていくのかも知れません。
虫の音を聴きながら秋の夜空を眺めると、天国にいるであろう父が「生きてるうちが華。悔いのないようにガンバレ!」と言ってくれてるような気がしているこの頃です。

 

 

 

魚住 りえ

タレント
フリーアナウンサー

魚住 りえRIE UOZUMI

大阪府生まれ。広島県育ち。
母がピアニストという家庭で3歳からピアノの専門的なレッスンを受け、音感を養う。高校時代、放送部に在籍し、数多くのアナウンサーを輩出しているNHK杯全国高校放送コンテストに出場。朗読部門で約5,000人の中から全国3位に選ばれる。慶応義塾大学時代は放送研究会に所属。

1995年、慶応義塾大学文学部仏文科卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。報道、バラエティ、情報番組などジャンルを問わず幅広く担当、出演番組に「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都 心の旅へ」などを担当。

2004年フリーに転身し、テレビ、ラジオを問わず幅広く活躍中。中でも、2004年からナレーターを務めるテレビ東京「ソロモン流」では、わかりやすく、心に響く語り口に定評がある。 「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行う。経営者や弁護士といったビジネスパーソンを中心に口コミで広まり、多くの方が受講する人気レッスンに。

著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済新報社)が15万部を超えるベストセラーとなっている。
近著に「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」(東洋経済新報社)があり、シリーズ累計20万部を突破した。


本業のかたわら、ピアニストの姉・魚住恵とともに、「姉妹で奏でることばと音色~朗読とピアノ演奏による姉妹コンサート~」にも取り組む。

他に、「10歳若返る!話し方のレッスン」(講談社)

 

 

 

魚住 りえの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ