◆本物◇

イメージ 1

 

お土産のポーチ

こんばんは。ドクターリセラの城嶋協子です。

写真は誰の似顔絵かわかりますよね?

そうです。黒柳徹子さんです。先日お会いしたのですが、一緒に撮らせて頂いた写真は

肖像権等の関係でNGですので、

お土産に頂いた「黒柳徹子ポーチ」を載せました。

(ご一緒に写した写真は本社にございますので、ご来社の折にはご覧くださいね。)

先日、六本木にあるテレビ朝日の「徹子の部屋」のスタジオ収録の現場に伺って参りました。

この日はゲストとして歌手の夏川りみさんと前川清さん、ソプラノ歌手の島田祐子さんの収録がありました。

スタジオ収録の現場には、何回か行かせて頂いているのですが、どこも丁寧に接して下さるのですが、

番組によってムードや私達への接し方が違い、特徴が出るものだと感じました。

徹子の部屋のスタッフの皆様、特に黒柳徹子さんは別格、本物を感じました。

楽屋では、黒柳徹子さん自身が丁寧に笑顔でご挨拶して下さり、

収録前には、抽選で選ばれた一般ギャラリーの方が10名程居られたのですが、

通常の番組はアシスタントディレクターの方が番組のなりゆきの説明をして、

主役は出演する時だけ登場するのが普通ですが、

「徹子の部屋」では、本番15分くらい前にギャラリーの前に黒柳徹子さんが登場されて、

自ら自分の近況や、今から登場するゲストの事を近所の親しいお友達にお話されるように10分ほど、

立ってお話されていて、一般のひとりひとりを大切にして、場を和やかなムードにする姿は

さすがだと思いました。

また、周りのスタッフの方、特に番組最高責任者のプロディューサーやテレビ局の方々が

私達に丁寧に説明をして下さるなど細かいお気遣いをして頂く姿を見て、

30年続く長寿番組の理由が分かる気が致しました。

黒柳さんやスタッフの方が「徹子の部屋」を大切にしているからこそ、そこに来られる人達

を全員で精一杯歓迎して下さっているのだと思いました。

黒柳さんと言えば、私達も加盟させて頂いている、WWFの名誉顧問やユニセフの活動など、

芸能人と言うより、文化人と言える、日本人の誰でもが知っている有名な方です。

ですが、腰が低くどんな方にでもわけ隔てなく、自然に接していられる姿に「本物」

を感じました。ステキな方でした。

私もこんな「本物」の人間、そして女性になりたいと思いました。

収録後には、黒柳さんとゲストの夏川りみさんと一緒にいつも対談している

スタジオセットのソファーに座って写真も撮らせて頂きました。

(このような事は滅多にないそうですが。この様子も本社でご覧なって頂けます。)

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

AD
奥迫 協子

ビューティー
ライフクリエイター

奥迫 協子KYOKO OKUSAKO

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
58才、孫4人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるビューティーライフクリエイター、美容会社の取締役、イメージモデルとしても活動中。

 

 

 

奥迫 協子の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ