◆美肌ゆで卵✨おばあちゃんの知恵袋的な。。

{CB755D74-36E9-42FD-8F78-E89DD6FE287F}
美肌ゆで卵。
ゆで卵もちゅるんちゅるんのピッカピカ
美肌の方がいい💕ですよね。

出張が続く時、冷蔵庫の残り物をお片付け。

たんぱく源のたまごは、
良くゆで卵にして持って行きます(笑)
ただ、ゆで卵ってキレイにむけなかったり
むくのに時間かかってしまって
も〜!!(笑)
ってしがちじゃありませんか?

 

「美肌ゆで卵」の作り方

もう皆さんご存知かも知れませんが、
「美肌ゆで卵」の作り方
これが、すっごく簡単٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
スプーンの背中を使って
生たまごの丸い方(尖ってない方)を
軽くトントンってたたいて
すこ〜しヒビを入れます。
こんな風に。
たまごの丸い方は空気孔のような場所があるので

トントンしても身が飛び出さないから大丈夫。

{31617BCA-19AD-40A2-BFEE-4EBAC40113DA}

そしていつものように普通に茹でます。

ヒビから白身が出ない?って思いますが

大丈夫。

{FB1D698B-810F-422B-A05C-2194A7DF0225}

しばらくすると、

ヒビが際立って来て

{0657B717-1493-4E5F-A75C-E47E7181D8C7}

出来上がり。

後は、冷水の中で
さらにたまごにヒビを入れて
皮と実の間に水を入れながらむいたら
ツルンっと美肌ゆで卵✨が出て来ます。
おばあちゃんの知恵袋的な。。
お役に立てたら嬉しいです🤣
AD
城嶋 杏香

ビューティー
ライフクリエイター

城嶋 杏香KYOKO JOJIMA

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
57才、孫4人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるビューティーライフクリエイター、美容会社の取締役、イメージモデルとしても活動中。

オススメ記事

城嶋 杏香の投稿一覧

カテゴリー別

城嶋杏香ブログ