◆幼い頃から◇

幼い頃に見たもの、感じたことは
潜在意の中に残り、習慣化されて行くというのを聞いたことはあるけれど、
私の場合は何かあるのかな?と思ってましたが、
ふと、今になって気付いたことがありました。

お伊勢さまへの感謝参り、お礼参り

「お伊勢さんに行きたい」という

母の望みを叶えるべく、毎年母と参る
お伊勢さまの参拝。
結局今年は、歳の暮れになったので、
今年のお礼参りとなりました。

特に伊勢神宮の

別宮 伊雑宮のある磯部町は私のルーツ。
私の先祖さまは
伊勢神宮の広報のお役目をしていたようです。
{2A627CA4-9A00-4499-8E15-D4606DA5971A}
よく帰って来たね
と迎え入れてくれるような
穏やかな天気と優しい空気感。。
{14F91561-1540-4F34-84B7-743939F89499}

私の運転を遮るように

片時も休むことなく喋り続ける(笑)母の
たわいもない話💦
を時にはスルーして聴きながら、
二見興玉神社、天岩戸神社、猿田彦神社、佐瑠女神社、外宮さまの豊受大神宮、内宮さまの天照大神さま
この全てを参道から歩いて参れた80才の母。
思えば、幼い頃 私の実家には
大きな神棚とお仏壇があって
お水、お神酒、お塩の他に
母が毎日炊き立ての白飯とお味噌汁を上げ、
ちょっと乾燥したご飯のお下がりを頂いていたこと、毎月お一日と15日は
家の四方にお塩でお清めをしていたこと、、
だからなのか
私も成人してからも、そんな毎日は当たり前のこととして行えているのかなとも思いました。
とはいえ、
こんなお伊勢さまへの感謝参り、お礼参りに
母と来られる幸せは当たり前ではないこと、
そして永遠ではないこと。。。
だからこそ、良きものを感謝して受け継ぎ、
一日一日を愉しんで生きよう(^^)
と思う歳の暮れの一日なのでした。
AD
奥迫 協子

ビューティー
ライフクリエイター

奥迫 協子KYOKO OKUSAKO

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
58才、孫4人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるビューティーライフクリエイター、美容会社の取締役、イメージモデルとしても活動中。

 

 

 

奥迫 協子の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ