• 曽利 一章
  • 2018.06.27

喜んでもらえるパーティー演出◇


こんにちは
イートテラスキュレーターの曽利 一章(そり かずあき)です。
いつもコラムをご覧いただき、ありがとうございます。

特別な日のお食事をもっと喜んでいただけるようになる
素敵な演出をご紹介いたします。

ご家庭でも使える内容もありますのでご参考に。

 

☆定番 暗くして、火を見せる
これは定番中の定番と思いますが
火をつけた誕生日ケーキを登場させる際に電気を消して暗くしたりしますよね。
お店ではアイスに花火を付けたりします。

暗くすることで注目が集まりますが
火を使っていますので足元には十分お気をつけて。

 

☆アクションをつける
お店ではステーキに焼き石がついてきて、お肉をさらに焼いて食べるなどの
テーブルの上で+1アクションをするとグッと盛り上がります。

簡単なところではシャンパンを抜くことで大きな音がするのでパーティー感が高まります。
炭酸飲料にアイスを落とすなども、子供でもできるアクションでさらに食事を楽しむことができます。

 

☆雰囲気づくり
イベントではテーマを決めることが大事だと感じます。
お母さんの誕生日パーティー、ではお母さんはなにをしたら喜ぶのか、何が好きなのか?
よし、パーティーのテーマは韓流にしよう!など
その人のことを深く考えると面白く楽しい食事になると感じます。

 

せっかくの特別な日のお食事を一工夫でさらに楽しみましょう。

 


★お知らせ

ドクターリセラ【食品通信販売】 はこちらから☟

https://www.rinasce.online


曽利 一章

ナチュラルフードマイスター

曽利 一章KAZUAKI SORI

10代で博多西中洲でバーテンダーを始め、ダブルワークでエンターテイメントの世界「マハラジャ」の黒服。
その後もショットバー2店舗のプロデュース、マハラジャ黒服、ダンサー、モデルととにかく華やか世界から、福岡にニューオープンのホテルシーホーク&リゾートVIPエリアチーフとしてヘッドハントを受けホテルマンに転身ホテル日航福岡VIPサービス、リーガロイヤルホテル広島などを経て、東京でレストラン、ショークラブ全8店舗をプロデュース。
26歳で突然、海外へ!10年の間にオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、タイでバーテン、ダンサー、ダンスの先生、ダンスイベントプロデューサー、イベントプロデューサー、タイ企業では自身の部署を持ちGMとして海外との貿易取引、イベンターとして渡り歩き帰国。 帰国後飲食の会社に就職、入社後2か月で店長を任され、1年後3店舗の統括、2年後5店舗の統括、2年半後8店舗の統括として8店舗、8業態を担当。
担当した全店舗がTV紹介、自身もほかにない新商品を開発し、毎年TV、メディア出演。イタリアン業態、肉業態は業態開発から店舗展開するまでに拡大。
店舗展開の拠点を東京から京都に移し、京都駅前に3店舗3業態、同時オープン担当。
現在は大阪福島にヘルス&ビューティーレストランリナーシェを立ち上げ、6月には2店舗目を大阪堀江にオープン。
フードの世界をいろんな角度から経験し、「食」の多様性から今ではホンモノを伝えるために食材・レストランを担当。

 

 

 

曽利 一章の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ