山内さん 京都市東山区 無添加ハム/ソーセージ

自然のやさしさだけが笑顔をつくる、 手づくりハム・ソーセージ

  • ジャンル: 食肉加工品
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日(不定休あり)
お問い合わせ
075-525-0068 ※お問合わせの際は「イートテラス」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ハム工房 古都では、自然素材完全無添加の手作りロースハム・ベーコン・ソーセージ製造販売しております。 無添加「京丹波高原豚」を使用し、食の安全を第一に考え、皆様にお届けいたします。 ハム工房古都では「心を込めて商品を製造し、お客様に対する気持ちを大切にすること」 を一番に考えております。

おすすめする逸品

  • 無添加ハム・ソーセージ

    無添加ハムは、京丹波高原豚を使用したロースハムです。新鮮な豚肉を無添加(増量剤・発色 剤・接着剤など不使用)でじっくり約10~15日間かけて仕上げた。しっとりとした微かにスモークの香りがするロースハムです。発色剤を使用しておりませんので、見た目の色はよくありませんが安全の証拠です。
    無添加ソーセージは、新鮮な豚肉(京丹波高原豚)を使用し、手間と暇を十分にかけて心を込めて丁寧に仕上げた、手作りのソーセージです。スモークの香りがして、肉汁が口の中で広がる大変ジューシーな一品です。

  • 商品の特徴
    自然素材完全無添加への苦難の道

    もともと、ハム・ソーセージ作りには無添加では無理だと思い低添加でソーセージ作りを行っていましたが、マスコミの取材を受け注文が殺到した際にお客様から一通の手紙が届きました。
    その手紙は、アレルギーのある小学生のおばあ様からのものです。「低添加だったら食べさせることが出来ると思って、食べさせたが駄目だった。孫には食べられるソーセージがないので、完全無添加のソーセージをできるなら作って欲しい・・・・」という内容でした。この時に、いつかはそんな子供たちをはじめすべての方々に安心して食べてもらえる物を作ろうと思い立ちました。
    とはいえ、今までのやり方で添加物を使わずに作ってみると、
    ・燻製が上手くいかない。
    ・肉の旨味が流出して、美味しくない。
    ・ボソボソの食感。
    という有様。今までのやり方を一切捨て一から無添加ソーセージ作りを始めました。その後、約6ヶ月経て納得した物ができ、ハム工房古都を開店することができました。

  • 健康効果
    安全はもちろん、アレルギーのお子様にも食べていただけます!

    新鮮で無添加(増量剤・発色 剤・接着剤など不使用)の「京丹波高原豚」を使用し、発色剤を使用しておりませんので、見た目の色はよくありませんが安全の証拠です。食の安全を第一に考えた商品です。

山内啓輔

昭和48年4月1日生まれ 趣味:史跡散策
来歴:市役所勤務→税理士事務所勤務→独学でソーセージ作りを学ぶ→平成17年ドイツフランクフルトで行われる食品加工品のコンクールで受賞→無添加のソーセージ作りを始める。

イートテラスキュレーター 曽利一章

山内さん 京都市東山区 無添加ハム/ソーセージの店舗情報

基本情報
店名 山内さん 京都市東山区 無添加ハム/ソーセージ
TEL
※予約・お問合わせの際は「イートテラス」を見たと
お伝えいただくとスムーズです。
最寄駅
アクセス
京都市東山区山田町499番地1
定休日
土曜日・日曜日・祝日(不定休あり)
詳細情報
こだわり
ホームページ http://www.hamkobo-koto.jp/index.html