海洋深層水を生活に取り入れよう

美容や健康に良いとされる「海洋深層水」ですが、実際にどのようなお水かご存知でしょうか?生きるうえで必要不可欠な水。「水」と一言でいっても様々な種類があり、なかなかどれを選んでいいのかわからなかったり、何が違うのか疑問に思ってしまうものです。今回はそんな水に注目しながら海洋深層水を生活に取り入れるメリットをご紹介していきたいと思います。

 

「〇〇水」って何が違うの?

皆さんが聞いたことがある水といえば、「海洋深層水」の他に「水素水」や「アルカリイオン水」などがあるかと思います。もっと誰でも聞いたことがあるものなら、「水道水」や「天然水」ですね!天然水は「軟水」と「硬水」に分類されますが、きちんと基準が定められています。こういった「〇〇水」はただの水(H₂O)の他に含まれている物質やその量などによって特徴が異なるようです。そのため、「この水は体に良い」とか「こんな効果がある」という話が出てくるというわけです。

では、今回ご紹介する「海洋深層水」にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

海洋深層水の特徴

海洋深層水は水深1000m以深の海水のことをいいます。水深1000m以下は太陽の光がほとんど届かず、植物プランクトンが光合成をおこなえず生息できない環境のために無機栄養塩が豊富に含まれています。

また、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが非常にバランス良く含まれていることも魅力の一つとしてあげられています。海洋深層水のミネラルバランスは人間の体に近いものなので、体の機能を高める効果が期待できると考えられているので「美容や健康に効果がある」と称されています。

さらに、海の深水なので生活や産業によって汚染された排水の影響を受けず、年間を通して水温が9℃~12℃と低い水温で安定する性質があるために水質を悪化させる細菌や有機物、病原菌などがいないのも大きな特徴としてあげられています。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別