セルライトの対処法○


一度形成されると除去が非常に難しいセルライト。日本人女性の約8割がセルライトの悩みを抱えているといいます。

皮下脂肪に老廃物や水分を巻き込んだものをセルライトといいますが、成分的には皮下脂肪もセルライトも同じとか。セルライトは事前の予防がとても大切です。

予防に重要なのは、余分な脂肪をつけないことと、老廃物を溜めないことです。脂肪がついたり、老廃物が溜まる原因は、生活習慣と深く関わりがあるものです。セルライトの予防には日常生活での小さな積み重ねが大切になってきます。

そんなセルライト、どうしてできてしまうのでしょうか。

セルライトができやすい方の特徴をご紹介いたします。

セルライトができやすい人の特徴

セルライトは体型に関係なく、10代後半以降の女性ができやすいと言われています。特に、40代以降は代謝の低下が激しく、脂肪が付きやすくなるため、セルライトも増加傾向にあるようです。

 

以下はセルライトができやすい人の特徴です。

みなさんはいくつ当てはまるでしょうか?

 

1.お風呂はシャワーだけ

2.汗をかきにくい

3.体が硬い

4.日常的に運動をしていない

5.早食い

6.今までに食事を減らすダイエットを2回以上している

7.水分をあまり摂らない

8.濃い味付けが好き

9.冷たい飲み物をよく飲む

10.ジャンクフードをよく食べる

 

当てはまったものが多い人はセルライトができやすい可能性が高いです。

 

ではなぜ、なかでも女性はセルライトが多くなりやすいのでしょうか?

 

女性にセルライトが多い理由は?

男性でもセルライトは発生しますが、実際には女性の方がセルライトが形成されやすいです。

理由としては「女性は皮下脂肪がつきやすいから」です。

男性の方は皮下脂肪よりも内臓脂肪がつきやすくなっています。その反面、女性が太ももや二の腕に多くつくのは、内臓脂肪よりも皮下脂肪の方が多いことが原因になってきます。これは女性ホルモンが外からの衝撃を守るためであったり、女性ホルモンの分泌によるものだと言われています。そして、女性は皮下脂肪が溜まりやすく、セルライトがつきやすくなるのです。

 

あなたはやっていない?間違ったセルフケア

〇セルライトを潰す

セルライトをなくす方法と聞いて、一番に思い浮かぶのが「セルライト潰し」ですよね。エステやマッサージでもしてくれるところありますよね。

しかし、目に見えるほどのセルライトだとかえって症状を悪化させてしまうようなのです。セルライトは老廃物や水分が固まっている状態です。それを無理にほぐそうとすると老廃物や水分を流してくれる機能が壊れてしまい、余計なものまで溜まってしまうのです。脂肪をつぶして脂質細胞を分裂させてもうまく毛細血管に流れ出さなければ、また新たにセルライトとして大きなかたまりができてしまうのです。

セルライトは潰しても、筋肉にかえていかなければ、またもとに戻ります。潰すことだけでは、長期的にみて、効果があると言い切れません。

 

〇運動

セルライトをなくすために、運動はあまり効果はないようです。

セルライトは、代謝や血流の悪さが原因で起こっています。そこで運動をすると老廃物が悪いほうへ溜まっていき、結果的にセルライトに栄養を与えてしまう可能性が高いです。

 

では、どうしたらセルライトを予防することができるのでしょうか。

 

 次のページ
セルライトが付かない体になるには?

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別