上向きヒップメイクで女を上げよう!○

最近では「腹筋女子」や「筋トレ女子」が注目されていますが、「ヒップアップ」をメインにしたトレーニングも女性の間で流行しています。

ヒップやバストが垂れてくるのは、加齢によるものだから仕方がないと思って諦めていませんか?
確かに年齢を重ねるにしたがって筋力が衰え、バストやヒップが重力に負けて徐々に垂れ下がっていくという現象は起こりえます。しかし、日々の姿勢や歩き方のクセを修正したり、ポイントを掴んで的確な筋肉を鍛えることで、徐々に改善することは可能です。

今回は美尻をつくる方法やメリットについてご紹介していきたいと思います。

お尻が垂れる原因とは

お尻の筋肉は「抗重力筋」の一つとされています。「抗重力筋」とは首や背中、太ももなどにあり、地球の重力に抗い姿勢を保つための筋肉で、身体の動きにあわせて全身のバランスを調整しています。

主に「座る・立つ・歩く」といった動作に関わり、日常的に使っている筋肉なのですが、デスクワークなどで長時間、同じ姿勢で座り続けることでそれらの筋力が低下し、バランスが崩れていきます。

バスト、ウエストまわり、ヒップ、背中など全ての骨格や筋肉は連動して繋がっています。
では、あなたのお尻はなぜ垂れてしまったのでしょうか?

〇生活習慣(座り方・歩き方)

座り方や歩き方のクセに問題のある場合、お尻が垂れてしまいます。

例えば椅子に浅く腰掛け、背もたれにもたれかかりお腹が突き出たような座り方になっていませんか?実はこれ、骨盤が傾くことによってヒップラインの崩れを招く、避けるべき座り方なのです。

また毎日座る時間が長い場合でも、骨盤は後傾しやすく太ももの裏側(ハムストリング)が硬くなってしまいます。
それにより立ち姿勢でも骨盤が後傾してしまい、『しゃがむ』などの日常生活の動作も骨盤後傾しながら動いてしまうので、お尻が垂れどんどん太ももが太くなります。
こうなると、筋肉のバランスがますます崩れていくという悪循環が起き、腰に負担がかかって腰痛を引き起こしたりします。

【座り方の対策】
座り姿勢を支える筋肉が衰えないように、椅子に深く腰掛け上体を起こして座る姿勢を維持するようにしましょう。このとき骨盤をまっすぐ立たせるイメージで重心を真ん中に置くことがポイントです。お尻の筋肉や骨への負担が少なくなり、ヒップラインが崩れるのを防ぎます。

次に歩き方にも注意が必要です。かかとの高い靴もヒップアップにとっては問題となる場合があります。お尻の筋肉をほとんど使わずに歩けてしまうので、大臀筋が衰えて、お尻が垂れる原因の一つとなってしまいます。スタイルアップにかかせないハイヒールですが、筋力が足りないと歩くときに常に前傾姿勢になってしまったり、膝や股関節が曲がってしまい見た目にも美しくありません。ハイヒールを履く機会が多い人は、歩き方や靴選びに注意が必要です。

また、いつも同じ腕や肩などに重いバッグを掛けていませんか?立つときに片方の足に重心をかけてしまう方も注意です。身体の重心が傾き骨格がゆがんでしまうことも少なくありません。骨格の歪みは筋肉のつき方に偏りが起こり、全身の筋肉のバランスに影響することから脂肪が均等につかず、ヒップやボディラインの崩れを招きます。

【歩き方の対策】
スマートフォンを見ながら猫背の状態で歩いていては、どんどんお尻が垂れていきます。垂れたお尻を引き締めるには、背筋をまっすぐに伸ばし、目線をやや上げた状態であごを少し引きながら歩くようにしましょう。
重心はかかとに置き、かかと→足裏→つま先の順番で体重移動するイメージで肩幅くらいの歩幅で歩くと筋肉を効果的に使うことができます。下半身の後ろ側の筋肉を意識することでお尻だけでなく、太ももやふくらはぎを引き締め鍛えることができます。

〇体質

加齢以外で考えられる要因の一つは骨格や体質です。

元々痩せ型で平坦なお尻の方は筋肉が立体的につきにくいため、立体的なお尻の方よりもお尻の垂れが目立ちやすいのです。

また、お尻に手をあてると冷たく感じる方は、お尻に筋肉が少なくほとんどが脂肪でできている状態です。脂肪は冷えやすく温まりにくい性質なので、脂肪の多いお尻はほかの部位と比べて冷えやすく血行不良で代謝の乱れが起こりやすくなっています。
そうすると、筋肉に沿った美しい肉のつき方にならず、セルライトとして固まってしまったり、意図しない場所に脂肪が蓄積されてしまうことになります。

デスクワークなどで長時間、体重によって圧迫されて筋肉が凝り固まると、筋肉の柔軟性が損なわれ可動域が狭まり、ヒップアップや丸みのあるお尻を維持するのに重要な筋肉である大臀筋が衰えてしまい、冷えやむくみが原因でお尻が垂れてしまうといわれています。

むくみがちで、特に下半身に水分のたまりやすい体質の方は、どうしてもヒップラインが崩れやすいと言えます。

〇肥満

もちろん肥満もお尻が垂れてくる原因です。

お尻の筋肉が支えられる脂肪の量には限界があります。余剰分の脂肪はダイレクトに重力の影響を受けて下がっていきます。
また、皮膚が脂肪の重さで伸びきってしまうので、たとえダイエットで脂肪が減ったとしても、一度伸びた皮膚を縮めることはできないので肥満によって垂れたお尻が一番手強いと言えます。

単にカロリーや糖質を減らすダイエットを行っても、体重が減るだけで美尻にはなってくれません。ダイエットと並行して柔軟性を高めるストレッチや、筋肉バランスを整える筋トレを行うことで、初めてヒップアップに成功するのです。

お尻を鍛えるときのポイント

お尻が垂れてしまうのは、日々の生活習慣、骨格や体質、肥満など、いろいろな要因が長年積み重なった結果ですので、すぐに改善するのは無理だと思われるかもしれません。

しかし、ストレッチによって身体の柔軟性を高め骨格を整えながら、トレーニングで的確なポイントに筋力をつけ全身バランスを整えることで、こうした現象の進行をある程度抑え、徐々に改善していくことができます。

お尻を鍛えることで、ウエストとお尻、お尻と太腿の境界線がハッキリし、足が長く見えるほかスタイルにメリハリがついて、全体的な印象が若々しくなります。

また、身体の中心であるお尻や骨盤周りに筋力がつくことで、重心がしっかりし、健康面でも様々なメリットがあります。

お尻を鍛えるときは、そのようなポジティブなイメージも思い浮かべながら、楽しくトレーニングするとより効果的です。

「お尻を盛る」がトレンド!

〇美姿勢、ヤセ体質に!

筋肉が落ちてしまったお尻に筋肉をつければ、姿勢も変わってきます。ヒップアップのエクササイズを体験した方は、「血行が良くなった」や「太りにくい体質になった」などヒップアップ以外の効果も実感されているようです。

〇腰痛を予防

突然美尻レッスンというとハードルが高くなりますが、日頃の生活でお尻の筋肉を意識するのは簡単です。お尻を高い位置に保つためには、お尻の上の筋肉を鍛えることが大切。お尻の筋肉が緩み、背中が緊張している状態の「反り腰」は腰痛の原因にもなるので、お尻の筋肉を刺激することは腰痛の予防にも効果的です。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別