洗顔でシミのない肌へ○


年々、シミが気になる・・・そう感じることはありませんか。日差しが強く、紫外線による肌へのダメージが気になる時期。女性にとって気になるシミは、紫外線から肌を守るだけでは予防できません。シミの原因と対処法などについてご紹介します。

 

シミの原因とメラニン色素

シミの原因にはメラニン色素が大きく関係しています。

メラニン色素は、紫外線を浴びた時に皮膚細胞が壊されるのを防ぐ役割があり、実は肌を守るために必要です。表皮の新陳代謝による角質の循環サイクル、つまり肌の生まれ変わりである。肌の生まれ変わりの周期ターンオーバーが正常に行われていれば、メラニン色素は28日間の間に体外へ排出されます。色素沈着でシミが増える原因は、睡眠不足や加齢、偏った食生活、ストレスなどでターンオーバーが乱れると、メラニン色素が排出されずに必要以上に肌の奥に蓄積されます。つまり、ターンオーバーのサイクルの乱れにより蓄積されたメラニン色素が沈着を起こしてシミの原因となります。

さらに肌は外から受ける刺激から肌を守ろうとする働きが作用し、メラニン生成は体内でも生成されます。

つまり「紫外線」と「刺激」の二つがメラニンを増やし、シミを増やす原因になっているのです。

「紫外線などの刺激を受けると、肌深部のメラノサイトに「肌を守れ」という信号が送られ、メラニンが生み出だされます。実はメラニンは自らの色素で、刺激から肌を守るはたらきをしているのです。そして役目を果たしながら、約28日の表皮の代謝(ターンオーバー)に乗って肌表面に押し上げられ、最後には角質となってはがれ落ちます。ところが、加齢やストレス、睡眠不足などの影響でこのターンオーバーが滞ったり、刺激が強く継続的にメラニンが大量に生み出し続けられたりすると、肌の中にメラニンが蓄積。これがシミとなって現れてしまうのです。」

引用元「サンスター:https://www.club-sunstar.jp/article/lifestyle/beautiful_habits/813/

 

シミにも種類があった!?

「シミ」と言っても5種類存在します。一般的にできるシミの種類で一番多いとされているのが、「老人性色素班」です。顔や腕、肩など、紫外線に当たりやすい所に出る濃い褐色のシミのことを言います。年齢と共に増えていき、60代以降ではほとんどの方が発症しています。

「しみの治療のために病院を訪れる人のうち、もっとも多いのが老人性色素斑です。老化による表皮の異常で、メラニンが増殖しているために、その部分が茶色く見えるものです。「老人性」とはいえ、20歳代から現れる人もいますが、10歳代から現れることはありません。30歳代から次第に多くなり、60歳代ではほとんどすべての人に、何らかの形でみられます。」

引用元「愛知医科大学大学形成外科:http://www.aichi-med-u.ac.jp/keiseigeka/shimi.html

 

また、一般的に「そばかす」と呼ばれている、「雀卵斑(じゃくらんはん)」。化粧品などによって肌に炎症が起こり、その雀卵斑が治った後にできる「炎症後色素沈着」、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れ額や口回りにできる「肝斑」など、シミといってもさまざまな種類が存在します。

 

 産後にシミが増える理由は?

産後にシミが増えた…なんて方いませんか?産後にシミが増えるのには、女性ホルモンでもある、エストロゲンとプロゲステロンの影響が関わってきます。

〇エストロゲンとの関係

エストロゲンとは主に卵巣から分泌されます。肌の水分量を高めることで肌のバリア機能やハリを保つ働きをしてくれます。しかし産後はエストロゲンの分泌が一気に減少してしまいます。そのため紫外線の影響を強く受けてしまい、シミができやすくなってしまうのです。

「エストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれていて、肌の水分量を高めることで肌のハリやバリア機能を保つ働きがあります。しかし産後は、このエストロゲンの分泌が一気に減少します。そのために肌のバリア機能が低下し、紫外線などの刺激によってシミができやすくなるのです。」

引用元「フェミークリニック美容皮膚科:https://www.femmy-c.com/shimi_top/column/1711/column02/

 

〇プロゲステロンとの関係

プロゲステロンとは子宮内膜の形成を助ける、胸と骨盤付近への血液供給を増やしてくれる働きがあります。妊娠中は、エストロゲンと同じようにプロゲステロンの分泌量も増加してきます。プロゲステロンにはメラノサイトを活性化する働きがあるため、妊娠中にシミが増えやすくなります。

 

産後はエストロゲンもプロゲステロンも一気に減少し、妊娠する前のホルモンバランスに戻るまでには約半年から1年ほどかかってしまいます。ですので、シミができやすい状態が長く続いてしまうのです。

産後のシミを改善するために、まずはシミを作らないように心がけることが大切です。

「妊娠中は、エストロゲンと共にプロゲステロンの分泌量も増加しています。しかしプロゲステロンにはメラニンを作り出すメラノサイトを活性化する働きがあるため、妊娠中にもシミが増えやすいのです。産後はプロゲステロンの分泌量もエストロゲンと同じように一気に減少しますが、妊娠前のホルモンバランスに戻るまでには半年から1年かかります。そのため、産後もシミができやすい状態が続いてしまうのです。」

引用元「フェミークリニック美容皮膚科:https://www.femmy-c.com/shimi_top/column/1711/column02/

 

室内でも紫外線予防

紫外線を浴びると活性酵素が発生し、シミを発生させます。シミだけではなく、シワやたるみの原因ともなり美肌の大敵です。そのため、紫外線の予防をすることが大切です。紫外線にはUV-AとUV-Bがあります。UV-Aは曇りの日でも降り注ぎ、窓ガラスも通り抜けてしまいます。UV-Aは肌を黒くするということはないのですが、じわじわと肌の深くまで到達し、弾力低下など様々な影響をもたらします。UV-Bは長時間の日光浴など日光の強い場所で浴び続けることで、肌が赤く炎症したり、水膨れができることがあります。これは、UV-BのエネルギーがUV-Aに比べて強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすことで皮膚ガンやシミの原因を作るのです。

「長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。このように肌が赤くなる日やけ(サンバーン)の主な原因となるのが紫外線B波(UVB)です。UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。ただし、波長が短い分、紫外線A波(UVA)に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。」

引用元「ロート製薬:https://jp.rohto.com/learn-more/sun-care/column/uva_uvb/

 

次のページ
知らない間にシミを作る手伝いをしていた?悪しき習慣を紹介

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別