ダイエットを成功させるポイントとは 

ダイエットは健康維持や体型づくりのために行われるものです。実際に取り組んだことのある方も少なくないのではないでしょうか。食事制限や運動、様々な取り組み方があります。 

 ここではそのダイエットについて解説していきます。  

ダイエットとは 

「ダイエット」と聞くと、 

・体重を減らす
・スリムになる
・運動、食事制限

といったイメージが強いかと思います。

ですが、この「ダイエット」というのは「食事の質や量を制限する」というのが正しい意味合いです。 

「制限する」というと、一日のうちの一食を控えたり、野菜しか食べないなど極端なものが多く見受けられます。とはいえ、過度な食事制限をすると健康を損ねてしまうこともあります。あくまでも健康でいることが大前提なのです。 

そこで、「健康的なダイエットとは何か」を紹介していきます。 

 

ダイエットのポイント 

大切なのは、適度に食と適度な運動で、「摂取と消費をバランスよく行う」ことです。
どちらか一方を多く、少なくということではなく、バランスを整えることで健康的に痩せられることに繋がります。 

食べる量が多くて運動をしないと摂取ばかり多くなりますし、食べる量を減らして激しい運動をしてしまうと今度は逆に消費ばかり多くなってしまいます。 

 

消費カロリーと運動について 

ダイエットで一番気になるのが「消費カロリー」。そもそも消費カロリーとは、体が使うエネルギーのことです。食事で摂取したカロリーを、脳や心肺の活動、体温の生成、筋肉の運動などで消費します。1日に消費するカロリーは、体格や年齢、生活スタイルによって異なります。 

1時間あたりの消費カロリーのトップ10をご紹介いたします。 

1位…水泳(クロール)  1039〜1337kcal
2位…水泳(平泳ぎ)   544〜700kcal
3位…ジョギング    470〜605kcal
4位…サッカー、バスケットボール 396〜509kcal
5位…スノーボード、スキー、バドミントン、テニス、バレーボール、柔道、 剣道、空手、フットサル 346〜466kcal
6位…ボート、カヌー、激しいダンス、卓球、 踏み台昇降、ゴルフ 297〜382kcal
7位…エアロビクス 247〜318kcal
8位…ラジオ体操、太極拳 223〜287kcal
9位…軽いダンス、キャッチボール、ヨガ、水中ウォーキング 198〜255kcal
10位…速いウォーキング 193〜248kcal  

※上記の消費カロリーは筋肉量によって差があるので、数字はあくまでも目安として参考にしてください。 

大切なのは継続的に運動をすることなので、いきなり外を何キロも走るのではなく、最初は自宅の近所を歩くだけにして慣れてきたら徐々に距離を延ばしたり走るペースを上げてみたりと、だんだんステップアップしていけば身体も徐々に体力がついていきます。 

結果が表れてくると、ついついもっと効果を出そうとして激しい運動を行いがちですが、上で述べたように、身体を壊してしまっては元も子もありません。初めは焦らず、自分の許容範囲内での運動を行っていきましょう。 

 

体質に合ったやり方

人間は人それぞれ異なります。顔や体つきも違いますし、身長、体重など様々です。外見だけではなく、体質も異なります。生活習慣の改善は重要ですが、自分は何を中心に取り組むのか、ということを把握することが重要です。 

例えば、運動は苦手でも食生活を見直して改善したり、逆に体力がある方は食事は減らさずに運動量を増やしたりと、その人の体質に合ったやり方が健康的に痩せることに繋がります。ダイエットのポイントにて、「バランスを整える」という表現をしたのになんだか逆のことを言っているように聞こえますが、バランスというのは本人の体質とのバランスもあります。体質を考えて取り組むことが重要なのです。 

中には食事は減らさずに運動量を増やしたほうが体に合う方もいますし、食生活の改善だけでも効果が出る方もいます。食生活の改善に関しては野菜を多く摂ったり、食べる順番を変えるだけでも満腹感が変わってきます。 

その日の体調によっても変わってきますので、無理なく続けられるようにすることが長続きするコツです。 

 

まとめ 

ダイエットについて解説をしました。ダイエットは自分に合ったやり方で行い、健康第一で行うことです。過度な食事制限や自分の体力以上の激しい運動は控え、健康的なダイエットに取り組んでいきましょう。また、その健康を維持していきましょう。 

 

【関連記事】
美しさの秘訣はプロテインだった!

女性の気になる体脂肪率のハナシ

40代が太る原因

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別