40代が太るのには理由があった!?

20代の頃から好きな食べ物も変わってないし、運動の頻度も変わってない!
ちょっと太っても若い頃は運動すれば脂肪が落ちてたのに、40代になってからなかなか体重が落ちない…、
なんてことはありませんか?

40代になってから太り始めた、今までつかなかった箇所にお肉がついた、痩せにくくなったという人
実は非常に多くいるんです。

食生活が悪いのかな、運動しなきゃなのかな、そんな悩みを持っている人に向けて、
今回は40代が太る原因について紹介していきます。

 

なぜ40代から太るのか

40代になると「太りやすく、痩せにくい体質」になるといわれています。
では、なぜ太りやすく、痩せにくい体質になってしまうのでしょうか。

そこにはやはり「年齢」という大きな壁が存在していました。
年齢と共に低下する機能は「基礎代謝の低下」や「ホルモンの低下」をはじめ多くあり、
それらが太る要因の一つとなっていたのです。

 

基礎代謝の低下

基礎代謝とは、人間が活動するために最低限必要なエネルギー量のことを指します。このエネルギーは、体温を保つ、息をする、心臓を動かすなど運動をしなくとも必要なエネルギーです。
誤ったダイエットや寝不足が原因でも下がると言われる基礎代謝ですが、40代になり急激に太ったと思う方の要因の大きな一つが年齢を重ねたことで低下する筋力量と並行して低下する「基礎代謝」と言えます。

10代、20代と比べて40代になると筋力面や体力面で衰えが生じます。
これは年齢を重ねることによる老化が原因なので仕方がありませんが、その衰えに対して正しい対処をすることで、衰えを緩やかにし「40代になって急に太った」を防ぐことができるのです。
下の数字は年齢による基礎代謝の違いになります。

・18歳~29歳:1210Kcal

・30歳~49歳:1170Kcal

少しの差に思えるかもしれませんが、若い時のままと同じ感覚では大きな差になってしまいます。

基礎代謝が低下していくので、若い時と同じままの食生活習慣、運動頻度では太ってしまった!だけではなく、生活習慣病につながる可能性があります。

次ページ
年齢と女性ホルモンの関連性

1 2 3

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別