夏でも乾燥!?対策は?

今年は特に暑い夏になっていますね。猛暑の日には扇風機やエアコンなど、涼しい空調機器が欠かせません。そのエアコンが肌に乾燥を引き起こす原因の1つにもなります。乾燥はお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

そこで今回は乾燥からお肌を守る方法をご紹介します。

夏の乾燥とは

乾燥と聞くと秋や冬など、寒い時期の空気が乾燥している時期を思い浮かべる方が多いかと思います。ですが、夏でもお肌は乾燥しやすいのです。

暑さで汗や皮脂が出やすくなるため、一見乾燥とは無縁のように感じますが、実は表面よりも内部乾燥していることが多いのです。この内部が乾燥している状態を「インナードライ」と言います。そのインナードライを引き起こす原因がエアコンです。エアコンは冷房、暖房と切り替えができるので夏冬問わず適切な室温に保つことが出来ますが、乾燥した風が送風口から出てきます。その風によってお肌も乾燥してしまいます。

体だけでなく、お肌も水分補給が必要です。

 

インナードライとは

夏場は皮脂にも注意が必要です。汗をかくと顔や体がベトッとしてすぐに拭き取ったり洗い流したくなるかと思います。ボディシートで顔や体を拭くととてもさっぱりしますが、このボディシートはお肌のバリア機能をしている必要な分の皮脂も取り除いてしまうため、より乾燥を進めてしまいます。また、汗が乾くのと同時に水分も出てしまい乾燥してしまいます。

お肌内部の水分が足りず、乾燥を防ごうとして余計に皮脂が出てしまいます。これが先ほど書いた「インナードライ」といい、脂性乾燥肌とも呼びます。

「インナードライ」を防ぐにはやはりお肌内部の水分を補給することが大事です。

 

乾燥を防ぐには

 乾燥を防ぐにはしっかりと水分補給をすることが大事です。化粧水などの化粧品でお肌の水分を補給することも大切ですが、体全体に水分を生き渡らせることも乾燥対策の1つです。

その際、清涼飲料水やお茶、コーヒーよりも通常の水を飲むようにしましょう。清涼飲料水には糖分が多く含まれており、糖分の摂り過ぎや生活習慣病を引き起こす原因にもなってしまいます。お茶やコーヒーには利尿作用があるので、せっかく摂った水分が抜けてしまいます。体の水分不足はお肌の水分不足にもなってしまうので、日中だけでなく就寝前・後にもしっかり水を飲むようにしましょう。

 

日頃の対策

 水分補給だけではなく、日頃からおこなうことのできる乾燥対策もご紹介します。

〇加湿をする

乾燥対策には室内の加湿をおこなうことが重要です。加湿器が最適ですが、濡れタオルをかけたり水の入ったコップを置くなどして、水分が蒸発するものを置くのも効果的です。湿度が上がり、お肌の水分が抜けてしまうのを防ぐことが出来ます。エアコンを使用する際は加湿できるものを一緒に使用するようにしましょう。

〇マスクをする

乾燥を防ぐにはマスクをするのもオススメです。マスクは手軽に乾燥を防いでくれます。

マスクは口元や頬の周りを覆うことができ、自分の吐く息で口周りが保湿されるので乾燥から守ってくれます。使用するものは口回り全体を覆うことのできる大きめのマスクが良いでしょう。ドラッグストアなどには濡れマスクというものもあるので、そちらも効果的です。

 

スキンケアで乾燥対策

 

顔の乾燥を防ぐにはスキンケアも重要です。化粧水をしっかりと肌内部に浸透させることが大切です。朝、夜にはパックを使うとより効果を高められます。

顔のマッサージも浸透率を高めることが出来ます。マッサージをする際は手の滑りが悪いとお肌に摩擦を起こしてしまうので、力を入れず、優しくおこなうようにしましょう。また、日中など皮脂が気になってきたときにはゴシゴシと拭くのではなく、ハンカチやティッシュで押さえる程度にしましょう。

 

まとめ

 乾燥は寒い時期だけでなく、夏でも起きるものです。エアコンによる乾燥でお肌内部の水分が失われないように、水分補給やスキンケアなどで調子を整え、体だけではなくお肌も健康を保っていきましょう。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別