日焼け後のケアはとっても大切!

「UVケアをするのを忘れてしまった!」「日焼け止めを塗り忘れてしまった!」「意外と日焼けしてしまった!」そんな時はすぐにケアすることが大事です。

日焼けした後のケア次第で肌の回復が変わってきます。今回は日焼け後の対策について紹介したいと思います。

 

そもそも日焼けが体に与える影響とは、、、

夏になるとついつい油断してしまいますが、日焼けは将来的に肌に大きく影響するのです。肌に与える影響をきちんと理解していますか?

きちんと理解し、肌のケアに活かしましょう!

①肌の衰え

肌の衰えは、8割が紫外線による原因なのです。紫外線によるダメージは、年を取った時にシミやシワにつながります。

紫外線は肌の真皮層にまで達します。ハリや弾力を生むコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンを作り出す細胞を傷つけてしまうのです。

その結果、肌はツヤを失いシミやシワなどといった肌の老化に繋がってしまうのです。

②肌細胞に大きなダメージを与える

紫外線は、瞬時に肌細胞にダメージを与えます。DNAを破壊してしまうのです。肌の細胞には破壊されたDNAの傷を切り取って新しいDNAに戻す仕組みが備わっているのです。

しかし、DNAの傷害が続いてしまうと、突然変異が起こってしまったり、皮膚がんの原因に繋がってしまったりします。

毎日浴びる紫外線には大きな危険が潜んでいるのです。

日焼けで黒くなる理由

「メラニン色素」が肌が黒くなる原因なのです。

肌におけるメラニン生成は、一般的にそばかすや、シミと呼ばれています。

日に当たり、肌を守ろうとメラノサイトという細胞が、メラニン色素を分泌します。メラニン色素が紫外線を吸収してくれるおかげで、肌を守ることができるのです。

メラニン色素は、日数をかけて増え、ターンオーバーの作用で徐々に表皮表面の「角質層」に上がります。色が黒~褐色のメラニン色素が上がってくるため、2~7日後に肌が黒くなります。

肌を黒くすることによって、有害な紫外線からお肌をガードしようとする体の正常な働きなのです。

しかし、メラニン色素は肌に残りやすいです。年を取ってから、シミになって残ってしまいます。日焼けしたときに大きな役割をしてくれますが、あとあと残る代償は大きいのです。

また、メラニンはスキンケアや、毛穴ケアに改善されにくいのです。毛穴の黒ずみや、開き、たるみなどのトラブルを減らすためにも、日焼け後のケアは大切になってくるのです。

目からも日焼けする!?

見落としがちなのが目からの日焼けです。紫外線が目に入ると、目からの情報が脳に伝わり、脳が反応することで、肌に直接紫外線が当たったといと同様に日焼けが起きると言われています。

肌とは違って日焼け止めなどを塗ることはできないので、目からの紫外線にはサングラスが効果的です。

UVカット機能が付いていないサングラスは注意です。

濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開くため、UVカット機能がないレンズよりも余計に紫外線が入ってきてしまうので、UVカットのサングラスをかけるようにしましょう。

 

日焼け後のケア

日焼け後のケアは、72時間(3日)以内に正しいケアをすることで、肌への影響を最大限に小さくすることができます。

 

〇保湿をする

日焼けをすると肌の水分が奪われ、乾燥してしまいます。できれば肌に刺激の少ない敏感肌用のものを使います。

「アルコールフリー・パラベンフリー」などの肌に優しい化粧水を選ぶようにしましょう。「セラミド・アミノ酸」は保湿にぴったりの成分です。

〇水分補給

日焼け後は、肌だけではなく身体も水分が不足しています。日頃から水分補給が少ない人は、意識して水分補給をするようにしましょう。

〇美白美容液を使う

美白美容液には、シミを作り出すメラニンや酵素に働きかける成分が配合されています。シミは紫外線によってメラニンが作られ、肌に現れます。

美白化粧水を使うことで、メラニンの生成を抑制することができるのです。

ですが、日焼け後すぐに美白化粧水を使うことはNGです。美白化粧水などは、日焼けをしてから使うよりも、予防で1年中使うことをおすすめします。

しかし、理想は日焼け後すぐ24時間以内にケアすることをおすすめします。

 

【関連商品】「アクアビーナス ウォーター」 「リセラウォーター」 「スーパーホワイト

 

体の内側からのケア

紫外線から身体を守るために、食事にも気をつけましょう。

 

〇ビタミンやミネラル

ビタミンは健やかな肌を保つためには大切です。ビタミンCにはシミやソバカスの原因になるメラニン色素の合成を抑えてくれる効果があり、紫外線による影響を和らげ抵抗力をつけてくれます。

ビタミンCを多く含む食べ物は、ジャガイモ、トマト、スイカ、パプリカ、ブロッコリー、レモン、キウイ、グレープフルーツなどがあります。

 

〇抗酸化成分

紫外線を浴びると、活性酸素が発生することでメラニン色素が活性化してシミなどの原因になります。

活性酸素を取り除く働きをしてくれるのが、抗酸化成分です。ナッツ類、ごま、アボカドなどに多く含まれているビタミンEはこの抗酸化成分を含みます。

 

まとめ

毎日浴びる紫外線には、皆さんの気づかないところで肌に大きな危険をもたらしています。今回の記事から自分の肌の危険性に気付くことができたでしょうか。

子供のうちに大量に紫外線を浴びると考えられています。その影響は大人になってからも大きく関わることになるのです。日頃から紫外線を浴びすぎないようにしっかり対策をしましょう。

また、今回は日焼け後のケアについてお話してきました。日焼けを放置せず、アフターケアをしっかりと行い美白肌を取り戻しましょう。

日焼けをした後の自分のケア次第で、今後の自分の肌を大きく変えることができます。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別