オーガニックは本当に良い?

洗剤や化粧品、食べ物などで近年話題のオーガニック。なんとなく環境や肌に良い、体によさそうというイメージがあると思いますが、本当にすべてが安心できるものなのでしょうか。

 

今回はそのオーガニックについて解説していきます。

 

オーガニックとは

 

オーガニックとは「有機栽培」という意味で、簡単に言うと化学肥料や農薬を使わない栽培方法・作物のことです。その作物から成分を抽出・加工をして生活用品になります。

 

オーガニックといえば食品が代表的です。体に取り入れるものなので、化学肥料・農薬を使わない作物というのは安心感がありますよね。食べるものがオーガニックなら肌につけるものもオーガニックが良いということでオーガニックコスメというものが流行しました。ただ、食べていいものと肌につけていいものとでは成分が違うため、体に良い食べ物であっても肌には合わないこともあります。

 

また、植物には「植物毒」という毒性があります。たとえ成分が植物由来であったとしても肌には合わなかったり肌荒れを引き起こす原因になることもあります。そのため、良いものなのか悪いものなのかを見極めなければなりません。

 

界面活性剤について

 

洗剤や化粧品の中には「界面活性剤」というものが含まれています。この界面活性剤というのは、本来混じり合わない性質のものを混ぜ合わせることができます。例を挙げると、油汚れのついた食器は水だけでは汚れを落としきれません。水と油は混ざり合わない性質を持っているからです。その混ざり合わない水と油を界面活性剤で混ぜ合わせる(乳化する)ことによって、汚れが落ちるのです。食器を洗う時だけではなく、洗濯物の汚れを落とすのも同じです。

 

また、マヨネーズやバターといった乳製品にも使われています。化粧品にも界面活性剤は含まれています。化粧品に入れる必要があるのか、と思う方もいるかと思いますが、ファンデーションなどクリーム状のものは油分が多く含まれているため、成分を均等に混ぜ合わせるために界面活性剤が使用されています。日常生活の中で、界面活性剤というものは広く使われているのです。

 

合成界面活性剤の危険性

 

前の項目にも書いてある通り、界面活性剤は生活するうえで多くのものに含まれています。

しかし、水と油が溶け合う性質を持っているため、肌表面のバリアを壊してしまう可能性もあり、乾燥肌になってしまう原因にもなります。界面活性剤の中でも特に「合成界面活性剤」と呼ばれる、人工的に作られたものが主に生活用品に含まれています。

 

合成界面活性剤は市販されている化粧品・洗剤・ベビー製品にも含まれている事があります。この合成界面活性剤は成分が強く、肌のバリアを破壊してしまうこともあり、バリアが破壊されてしまうと皮膚から水分が抜けてしまい、乾燥肌などの皮膚トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

オーガニックと界面活性剤の関係

 

オーガニック化粧品(オーガニックコスメ)というものがあります。ただ、現在日本にはオーガニックコスメと表示するための規定がありません。そのため、100%オーガニックではなく、わずかに配合されているだけでもオーガニックコスメと表示することが出来ます。日本はオーガニック原料の仕入れが難しく、なかなか100%オーガニックコスメというものを作ることが出来ていないのが現状です。

 

オーガニックと表示されていても、クリームなどは油分が多く分離してしまうため、合成界面活性剤が使用されているものが多くあります。特にジェル状のメイク落としやオイルクレンジングには多く含まれているので、乾燥肌や敏感肌になってしまいがちです。合成界面活性剤は肌に影響を与えやすいため、選ぶ際は配分量に注意が必要です。

 

 

まとめ

 

オーガニックは影響が少ない、肌に良いというイメージを持ってしまいがちですが、合成界面活性剤との関係もあるため、成分配合量には注意が必要です。食べてもいいものと肌につけてもいいものはわけて考え、化粧品を選ぶ際は健やかな肌状態を保てる化粧品を選びましょう。

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別