体に優しい米粉○

小麦粉に比べてヘルシー、体に良さそうなイメージがある米粉。米粉とは、その名のとおりお米を粉末にした食材です。米粉と小麦粉の違い、米粉の使い方や特徴など知っているようで知らなかった米粉について調べてみました。

 

米粉の種類

米粉には原料の違いと加工法によって種類があります。原料がうるち米の代表的なのが上新粉、もち米を原料にした白玉粉、道明寺粉、餅粉などがあります。

〇上新粉

精白したうるち米を洗って乾燥させ製粉したもの。主に製菓材料としてかしわ餅、草餅などの餅類やだんご、様々な和菓子などに使われています。

〇白玉粉

もち米を洗い水に浸してから水切りし、沈殿させ乾燥したもの。白玉だんごなどに使われます。

〇道明寺粉

もち米を洗って水に浸し蒸したものを乾燥させ粉にしたもの。主に桜餅、おはぎに使われます。

〇餅粉

もち米を洗って乾燥させ粉にしたもの。大福もちや安倍川もちなどに使われます。

 

ここが違う!米粉と小麦粉

米粉と小麦粉は原料の他に、たんぱく質の一種グルテンが米粉には含まれないといった違いがあります。グルテンとは、小麦に水を加えてこねると形成されるたんぱく質で、生地の粘りの元になります。また、グルテンの中に含まれているグリアジンという物質は食欲を増進させる働きを持ちます。パンやケーキを食べ、あと1個食べたいと止まらなくなることはないですか?この現象を起こしているのがグリアジンです。

小麦はタンパク質の一種グルテンで凝固しますが、米粉の主成分はでんぷん質です。吸湿性も高く、もちもち、しっとり、揚げたりするとサクッとした食感になるのが特徴です。

 

米粉の特徴

粉をふるわず簡単に使える

小麦粉と比べ、さらっとしてダマになりにくいのでそのまま使え、他の材料ともよく混ざります。天ぷらの衣やホワイトソース作りにも便利です。

 

低カロリーで揚げ物におすすめ

揚げ物は衣を薄くカラッと揚げられ、油の吸収量を抑えられ低カロリーです。油の吸収率は小麦粉50%弱とすると米粉30%弱です。

 

高い吸収性

生地として他の材料と混ぜる時、小麦粉より粉っぽく感じるかもしれません。米粉は水分を吸いやすいので混ぜていくと、だんだんなめらかになってきます。米粉は時間の経過とともにボールの底などにたまりやすくなります。混ぜておいた生地は直前にもう一度混ぜて使いましょう。

 

小麦アレルギーの人にも安心

今まで小麦を使ったパンやお菓子、うどん、揚げ物などを食べられなかった方も、小麦粉のかわりに米粉を使うことで、美味しく食べられるようになってきました。

 

とろみ付けに

ホワイトソースやシチューには、小麦の代わりに牛乳で溶いた米粉を混ぜるだけで簡単にとろみが付けられます。焼き物なら表面に米粉をまぶして焼くと香ばしく、油の吸収を抑えてタレの絡みが良くなります。肉を茹でる時、米粉をまぶしてから茹でるとつるりとした食感で旨味が逃げるのを防ぎ、広く料理に使うことができます。

 

栄養価

たんぱく質の品質を評価するアミノ酸は小麦より高く、良質なエネルギー源です。

 

米粉の特徴を紹介しましたが、米粉の方が小麦よりGI値が高く、血糖値の上昇に気をつけている方は注意したほうがいいでしょう。GI値とは体内で食品が糖に代わるスピードを示す値ですが、小麦は55~60のところ米粉は95となっています。ホワイトソースを作るときなど、米粉の方が簡単に作れ、バターも使わずカロリーも減らせますが、血糖値のことなど気になる方は摂り方に気をつけてください。

 

まとめ

米粉の改善点としては、小麦粉より価格が高い、販売されているところがまだ限られている、メーカーにより粒子の粗いものや細かいものがあり、メーカーによって使い方が変わったりするなどはあります。

 

しかし、たんぱく質・炭水化物・脂肪・無機質・ビタミンB1・ビタミンEなどの栄養素が豊富なのにも関わらず、低カロリーなので上手く料理に使ってみてはいかがでしょうか。

 

【関連情報】

「米粉100%にこだわった米粉パスタ」

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別