プロテインは飲むタイミングが大事

皆さんは普段プロテインをどのタイミングで摂取していますか?実は、プロテインを飲むタイミングによっては通常の効果よりも更に良い効果を得ることが出来るということをご存知でしたか?そのタイミングというのはズバリ「朝」と「寝る前」なんです!でも、なぜ「朝」と「寝る前」に摂取することでより効果を引き出すことができるのでしょうか。

その理由は人間の体の働きと大きな関係があることがわかりました!詳しくご紹介いたします。

 

プロテインとは一体…?

プロテインは今や健康目的で取り入れている人、トレーニングをしている人が主に摂取しています。プロテインとは英語で「タンパク質」という意味で、プロテインそのものにはかなり豊富なタンパク質が含まれているのです。

そもそもタンパク質はトレーニング後の筋肉の修復を助けたり、筋肉の合成を促す効果がありますが、タンパク質が不足すると筋肉の分解が行われ、代謝が徐々に下がってしまう原因に…肌にハリやツヤがないのも実はタンパク質が深く関わっているのです。

 

1日のタンパク質摂取量はどのくらい?

人によって摂取量は異なってきますが、最低でも体重1kgあたり1gのタンパク質が必要になります。しかし、運動をしている方は体重1kgに対して2gのタンパク質が必要と言われています。

食事だけでこのタンパク質を摂取するのは難しく、食事だけで補おうとすると必然的にカロリーオーバーになってしまいます。そうならないためにもプロテインはおすすめですね。

 

どうして寝る前と朝が飲むタイミングとして最適なのか

プロテインを飲むタイミングとして、寝る前・朝が一番ベストだといわれていますが、その理由はなぜでしょうか。

〇寝る前に最適な理由

就寝前にプロテインを摂取することで、成長ホルモンの働きを促してくれるというメリットがあります。成長ホルモンとは脳下垂体から分泌されているもので、体の機能をコントロールしたり、筋肉量を増やす役割を持っています。私たち人間は眠っていても絶えず成長ホルモンを分泌し続けています。そのため、空腹のまま寝てしまうと成長ホルモンがきちんと働かずに、傷ついた筋肉を修復できない可能性もあるのです。

〇朝に最適な理由

朝は、身体の中から水分や栄養素などが枯渇してしまっている状態です。筋肉を大きくする役割を持つタンパク質も同様に欠乏しています。寝ている間は当然何も口にすることができないので、体内のタンパク質のレベルはどんどん下がり、筋肉の分解が始まっている状態といえます。その状態でプロテインを摂取すると、効率的な体作りに役立つのです。また、忙しい人であれば朝食にかける時間、準備する時間が少ない人が多いかと思います。しかしプロテインはタンパク質を豊富に含みつつ、手軽に摂取できます。

寝る前は何時ごろに摂取すればいいの?

就寝する30分~1時間を目安としてプロテインを飲むようにすると良いそうです。就寝直前の飲食は胃に負担がかかるため、寝る直前に摂取してしまうと胃腸の弱い人であれば胃痛や胃もたれの原因になってしまうので避けましょう。

成長ホルモンが大量に分泌されるピークは大体、就寝中30分~3時間といわれていて、プロテインは身体に吸収されるまで時間がかかります。ですので、その30分~1時間前に摂取しておけば成長ホルモン分泌のピークに間に合うのです。

 

寝る前に飲んだら太る!?

みなさんの中には「寝る前にプロテインを飲んだら太る」と聞いたことがある方もいるかもしれません。しかしこれらは絶対にそうとは言えないのです。1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、太る可能性があります。しかしそれは、寝る前のプロテイン摂取だけでは決まることではありません。ですから、食事バランスを考えた上での規則正しい生活(運動)、プロテイン摂取を行いたいですね!

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別