秋しみ注意報発令中!万全の対策を

皆さんは「秋しみ」って聞いたことがありますか?実は秋はしみが増える季節なんです!!でも、どうして秋にしみが増えるの?と疑問を持つ方も多いと思います。今回はそんな疑問を徹底解消!秋にしみが増えるメカニズムとしみを増やさないための対策についてご紹介いたします。

しみができるのはなぜ?

しみの原因である「メラニン色素」、ご存知の方も多いのではないかと思います。そんなメラニン色素ですが、もともとは細胞を守るための私たちにとって大切なもの。夏の間、強い紫外線を浴び続けた細胞は、紫外線によるダメージを減らそうと細胞を守るためにメラニン色素をたくさん生成します。それを周囲の表皮角化細胞に供給し、傘のような役割をさせることで真皮に直接紫外線が届かないようにブロックしているのです。

本来ならば、蓄積されずにターンオーバーによって、古い角質とともに老廃物として押し上げられるのですが、常に紫外線の影響を受け過剰に生成されてしまうことや加齢等の原因によりターンオーバーの周期が乱れることで、メラニン色素の排出が追いつかずに蓄積されてしまうというわけです。

 

顔は紫外線の影響を直に受けてしまう

紫外線の強い夏にかぎらず、顔は紫外線の影響を直に受けてしまう部位でもあります。いくら日焼け止めやお化粧でカバーしていても常に生身の肌が露出している顔はなかなか紫外線をカバーし続けることは出来ません。

また、顔は太陽に近い位置にあり、とくに頬や鼻の頭は顔の中でも突き出た位置にあるため、紫外線の影響を直に受けてしまうといえます。そのため、このような部位を中心に念入りに紫外線対策を行い、こまめに日焼け止めを塗りなおすように意識することが非常に大切になります。

 

紫外線のダメージは蓄積されている!?

夏の間にケアを忘れて紫外線を浴びてしまい、日焼けしたけれどしみにならなかったから大丈夫と思っていませんか?実は紫外線のダメージは少しずつ、知らず知らずのうちに蓄積されていくものなんです!秋が深まるころに、徐々にしみとして表れるケースがあります。これを「潜在しみ」とよびます。紫外線のダメージをたくさん受けたことによって、ターンオーバーが正常に働かなくなり、しみとして蓄積されてしまうことが原因とされています。

そのため、とくに異常が見られないからといって何もしないのではなく、夏に溜め込んでしまった肌ダメージを改善するために肌本来の機能を正常に戻すことが重要になります。普段のスキンケアだけでなく、美容液などを使ったパックケアを取り入れて肌のちからを高めていく必要がありますね。

次ページ
普段の生活でシミ対策をしてみよう!

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別