妊娠初期に起こる貧血の原因とは…○


女性にとって「貧血」はよく聞く言葉なのではないでしょうか。もちろん貧血ではない人もいますが、普段から貧血の人は妊娠中に貧血が進みやすく、かなり悪化してからでないと気づかない人も多いのです。

特に妊娠中のお腹の赤ちゃんにとって貧血はいい状況ではありません。そこでなぜ貧血が起きるのか、また、改善方法などを紹介していきたいと思います。

 

貧血とは何か

貧血を招く主な原因は鉄分不足です。鉄分は血液中で酸素運搬の役割を担うヘモグロビンを構成する重要な成分の一つです。

不足してしまうとヘモグロビンが体内で生成されずに少なくなってしまい、貧血になってしまうのです。

貧血の主な症状としては、めまい、立ちくらみ、頭痛、疲れやすいなどの症状が見られます。

 

妊婦貧血

実は妊婦さんには「妊婦貧血」という言葉があります。もしかしたら検診の時に知った人もいるかもしれません。

妊婦貧血というのは、妊婦にだけ認められた貧血の総称です。

診断基準はヘモグロビン値が11.0g/dL未満、またはヘマトクリット値が33%未満になります。妊婦貧血は全妊婦の20%に発症します。

ヘモグロビンを構成する鉄が不足することによって起こる”鉄欠乏性貧血”、ビタミンB12や葉酸が欠乏することによって起こる”葉酸欠乏貧血”が主な原因とされています。

 

妊娠初期の貧血

妊婦さんが貧血になると以下の症状が出ます。

・動悸、息切れ、めまい

・頭痛・疲労感

・立ち眩み

・顔色が悪くなる

・皮膚や爪の白くなる

これらは人によって貧血のレベルは違いますが症状が軽ければ軽いほど気付かないのです。

 

妊婦が貧血になりやすい理由とは

妊娠すると様々な変化やトラブルがあります。そのうちの1つが貧血です。どうして妊婦が貧血になりやすいか、理由は以下のようなことが挙げられます。

〇循環血液量の増加

妊娠による貧血の原因の一つは血液量の増加です。妊娠すると赤ちゃんと胎盤を有する子宮が成長し、多くの血液量が必要になることや、出産時の出血に備えて必然的に血液量は増加します。

妊娠していない女性と妊娠している女性の血液量を比べると、妊娠32週の頃は通常の1.5倍の量にまで増加するのです。 

しかし、血液は増えても血液の中に含まれる成分が同じように増えるわけではありません。水分が増加しているため、血液が薄くなってしまい、貧血になりやすくなってしまうのです。

そのために、毎日の食事での鉄分補給を心がけることが大切です。

〇葉酸不足

鉄分が不足しているものを”鉄欠乏症貧血”、葉酸が不足しているものを”巨赤芽球性貧血”と言います。

葉酸は主にビタミンB12とともに作用し、細胞が分裂するために必要なのです。この栄養が不足すると骨髄の中で赤血球が生成されず、貧血が起こったり免疫力が低下したりするのです。

〇鉄分不足

妊娠すると赤ちゃんに酸素や栄養を送るために、母体の鉄分はどんどん不足していきます。母体が栄養不足であれば、赤ちゃんも栄養不足になってしまいます。

鉄分は普段でも不足しがちですが、妊娠中は赤ちゃんの血液も作るということもあり、いつも以上に鉄分が必要になってきます。

成人女性の1日に必要な鉄分料は10~11mgですが、妊娠中期では2倍以上の鉄分が必要となってきます。

 

赤ちゃんへの影響はあるの?

妊婦さんが貧血を起こすと、赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。

妊娠中期から後期にかけての貧血は軽度のものであれば、それほど心配はいりません。しかし、貧血と診断されるヘモグロビン値を大幅に下回ると、低体重出生や早産などのリスクが上がります。

その他にも貧血でふらついてお腹をぶつけてしまったりなど、間接的な影響が及ぶ危険性もあります。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの器官を形成する大事な時期なので、医師の指示に従って早い段階から貧血改善に努めましょう。

 

貧血になりやすくなるNG食品とは○

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別