プロテインシェイカーのタイプ別の選び方

トレーニングに必要不可欠なプロテイン。あなたはどのようなプロテインシェイカーを使っていますか?「いやいや、どれも同じでしょう?」と思う方も多いかもしれませんが、プロテインシェイカーには様々な種類があります。小さな違いが大きな使用感に関わってくるのです。せっかくなら目的に応じてシェイカーを変えてみたいと思いませんか?これを見て初めて購入する方もいると思うので、是非参考にしていただけると嬉しいです。

 

プロテインシェイカーとは?

プロテインシェイカーとはその名前通り、プロテインを水やドリンクに溶かしてのむためのツールです。プロテインはタンパク質の割合が多く、そもそも水に溶けにくいものです。コップに水を注いでスプーンでかき混ぜるだけではなかなか溶けません。特にソイプロテインやカゼインプロテインは溶けにくい傾向にあります。ですがプロテインと水分をシェイカーに入れて振ることで、飲みやすく出来るのです。トレーニング後、すぐに摂取したいタイミングでは、いかに速く摂取できるかが大事ですよね。このシェイカーがあると、すぐにプロテインを摂取することが出来ます。

 

プロテインシェイカーを選ぶポイント

プロテインシェイカーを購入する際は以下のことを重視するといいです。

 

〇飲み口の形状

飲み口が広い形状の物は一気に摂取することが可能で、容器とフタと言う非常にシンプルな構造です。ですがその分横から液ダレする可能性がある為注意が必要です。飲み口が狭い物はキャップを開けて飲むタイプなので、横からこぼれる液ダレの心配がありませんが、逆に一気にプロテインが摂取することが出来ません。その時のトレーニングのペースに合わせて選ぶといいと思います。

 

〇フタがしっかり閉まるか確認

これは一番重要視すべきところですね。もしバッグの中でシェイカーが液ダレしてしまい、一緒に入れていた持ち物が濡れてしまったら…。考えただけで本当に恐ろしいですよね。購入前に必ず確認しましょう。

 

〇洗いやすさ

衛生面も重視ですよね。シンプルかつ広口で手が入るような製品が最も洗いやすいと思います。密封性を高めるためのゴムパッキンは溝などがカビやすくなるので、小まめに洗いましょう。

 

〇容量はどれくらいか

大容量のシェイカーも存在します。ですが、あまりにも大容量だと持ち運びも大変ですよね。運動量やサイズはシェイカーによって様々あります。容量の平均は400~550mlくらいです。中には800mlのものなどもありますが、400mlぐらいの大きさで大丈夫だと思います。

 

〇耐久性は優れているか

値段の安いものは耐久性に問題があるものが多いみたいです。もし落下させて破損してしまった場合その破片でケガをしたり、床や地面を汚してしまったら大変です。それらを防止するためにも耐久性を重視しましょう。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別