朝の5分間を有効活用した美容効果を実践!○


朝起きて食事したり顔を洗ったり着替えたりメイクをしたりと、女性にとって朝はものすごく忙しい人が多いと思います。また前日家に帰って来ても仕事や学校で疲れてなかなか美容の時間を確保できてない人もいるかと思います。今回は簡単に生活に取り入れられる朝活・時短美容法について紹介します!

 

「朝活」の前にまずは見直してみよう

美容に大事な「朝活」。その準備としてまずは自分自身の睡眠の質について見直してみましょう!

22時から深夜2時は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれていて、「美肌」のために就寝時間は22時から深夜2時までを確保することが必須かのように謳われることが多いですが、実は大事なのはそこではなく、寝る時間と起きる時刻を整えることが重要です。

人間の体内の成長ホルモンは、習慣的に睡眠直後の深い眠りの時間帯に最も多く分泌されるものなのです。

睡眠リズムを一定にすることによって、肌のハリやツヤにも好影響が期待できます。ホルモン分泌を高めるためには、夜はなるべく部屋を暗くして寝てみましょう!

そして毎日決まった時間に寝て起きて、朝は太陽の光を浴びて睡眠リズムにメリハリをつけることが大事です。

 

ちょい足し朝活

美容のために何が一番大事かというと、「継続力」です。一日やっただけで効果はそこまで得られません。
どんな「美容法」も、長く続けるからこそ結果が出るものですよね。

その中でも、ちょっとした工夫で手軽に続けられることと言ったら「朝食」ではないでしょうか。朝食は毎日とっていますか?もちろん中には、「朝は食欲がない」という方もいらっしゃると思います。しかしジュースでも飲むヨーグルトでもいいのです。何かを体内に入れることで一日のスタートを切るためのスイッチが入ります。

他には白湯を飲んだり、ストレッチをしたりもいいですね。

白湯(さゆ)とは、水を10分〜15分沸かし、その後カップに注ぎ50℃になるまで待ったもので、実は元はただの水のことです。
「沸騰させて覚ましただけの50℃の水にさほど効果があるのか?」と思う方もいるのではないでしょうか?

白湯を飲むと何が良いのかというと、「体を内側から温めること」が最大の効果と言えるでしょう。

白湯をゆっくり飲むと、胃腸をはじめ身体の内側から身体全体をじわじわと温めてくれます。白湯を飲んだ直後は全身の血行が良くなります。次第にぽかぽかしてくるのが実感できるでしょう。実は内臓温度が1℃上がると基礎代謝も10~12パーセント上がると言われており、普段代謝の悪い方でも、代謝を改善することができます。

その結果、脂肪燃焼効果が促進されるため、内臓脂肪の改善のほか、血行不良によって引き起こされる女性特有のお悩み、冷えやむくみなどにも効果的です。

温めることにより、内臓が活発に働くと消化作用が促進されますので、胃腸の働きが活発になり、便通が良くなります。そして老廃物が排出されると、肝臓や腎臓の働きも回復します。

腎臓や肝臓の働きが健康になると、体に有害な物質をちゃんと排出してくれようになるので、結果、お肌も綺麗になります!

このようにただのお湯とはいえ、白湯(さゆ)には様々な女性には嬉しい効果があるのです!

ストレッチをすることでも、白湯と同様に身体が温まったり、また姿勢が改善されたりとメリットがたくさんあります。無理しすぎないようにやってみましょう!

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別