効率的な「腸活」はタイミングが重要!○


最近では就活、婚活…などさまざまな「〇〇活」がある中で、今回紹介したいのは「菌活」です!そもそも菌とは何を指すのでしょうか。そんなことを深堀しながら、菌活についてお話してきたいと思います。

 

菌活とは

菌活とは、体に良い働きをする菌を積極的に食事から取り入れることを言います。さらに自分の腸内に住んでいる良い菌を育てて、腸内環境を整えることです。腸内環境が整うと、代謝や免疫力が高まって健康で元気な身体になります。

 

 

菌活をしているのになかなか便秘が解消しない理由は

菌活をしている方の食事記録を見ると、

 

朝 味噌バター+パン、ヨーグルト

昼 きのこスープ

夜 鶏肉の塩麴グリル、味噌汁、ごはん、サラダ

 

これを見ると、それらしき食材がたくさんありますね。なのに、「なかなか便秘が解消されない」と言います。体にいいものを摂っているのになぜと思うかもしれません。ですが、便秘に悩む女性は、ダイエットを意識して食事量が少なくなっていることが分かります。食事量の少なさこそが、便秘の原因にもなり、痩せにくい、代謝の悪い体を作ってしまうのだそうです。

 

 

効果激減する!?朝ヨーグルト

菌が含まれる食品と聞いて最初に思い浮かぶのは「ヨーグルト」ではないでしょうか。乳酸菌は、花粉症対策にも効果があると言われています。乳酸菌とはオリゴ糖などの糖を利用して、乳酸をはじめとする酸を作り出す細菌の総称で自然界に広く存在しています。乳酸菌にはタンパク質や脂肪を分解してくれる働きがあります。同じ乳製品の牛乳よりも消化吸収が良いことも特徴です。毎日食べるとなるとプレーンタイプがおすすめです。

そしてヨーグルトを摂るタイミングにも注意です。生きた菌を腸に届けるのは難しく、乳酸菌は胃酸に強くありません。朝ヨーグルトを食べるよりも、胃酸が薄まっている食後のタイミングで摂った方が効率的といえます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別