その体臭、もしかしてストレスが原因かも

その体臭、もしかしてストレスが原因かも

「身体から何か臭いがする…」と気になったり、どこからかツンとした臭いがすると感じたことはありませんか?それは身体の疲労による臭いが原因の疲労臭かもしれません。今回は疲労臭と言われるものの解説と解決方法を紹介します。

 

疲労臭って一体何?

ストレス

疲労臭とは、体に疲労がたまったときに発する体臭のことです。体内から発生するアンモニアが原因となって、独特な臭いが発生してしまうのです。

一般的な体臭は毛穴が皮膚にある雑菌に触れることで臭いを発する原因です。体臭というと汗が代表的ですが、実は汗そのものに臭いはなく、毛穴から出た皮脂などの分泌したものが皮膚にある細菌に分解されて、雑菌が発生する際に汗臭いと感じる臭いが発生するのです。

一方で疲労臭は臭いの仕組みが体臭と異なり、皮膚の表面上に発生した雑菌ではなく、体内から出るアンモニアが原因でツンと感じる体臭になります。

疲労臭の原因となるアンモニアは、体内でタンパク質が分解されたときにできる成分で、筋肉疲労の回復などで発生したアンモニアは肝臓で尿素に分解され、毒素が取り除かれた状態で尿となり体内に出されます。通常はアンモニアは体内に蓄積されることがありませんが、疲労により肝臓の働きが弱まると、体内でアンモニアを分解する能力が低下してしまいます。そのことから体内のアンモニアが血液と一緒に全身に行き渡り、皮膚の毛穴から汗や皮脂などに含まれて排出してしまうのです。これがいわゆる「疲労臭」となるのです。

 

疲労臭が発生しやすい生活習慣は

オルニチンという物質は人の体内に存在するもので、肝臓内でオルニチンサイクルを活性化させ、疲労物質であるアンモニアを解毒し、体を元気にさせる重要な役割があります。気をつけておきたいこととして、意外と自分のニオイは気付きにくいのです。疲労臭は肝臓の機能が低下していると、より発生しやすいと言われています。そもそも疲労臭が発生しやすいのはいつなのでしょうか。

〇食べ過ぎ・飲みすぎ

暴飲暴食は胃腸にかなりの負担をかけてしまいます。その摂取した食事を消化するためにアンモニアが発生します。アルコールの飲みすぎも肝臓に悪いとよく聞きますが、その通りで肝機能が低下しやすくなるのです。

食べ過ぎず、適度な量を摂取することで胃や肝臓など、臓器への負担をできるだけ減らしましょう。

〇働きすぎ・疲れ

疲れが溜まるとそれはストレスにつながります。会社に限らず、主婦や学生、誰しもがストレスを抱えているのではないでしょうか。ストレスを溜めていってしまうと肝機能が低下し、疲労臭が発生しやすくなるのです。

〇睡眠不足

睡眠不足は疲労を妨げてしまいます。寝不足になることによって、疲労が溜まり内臓の力が徐々に弱くなって、疲労臭が発生してしまうのです。

忙しい毎日を送っている人は睡眠不足は当たり前という人が多いかもしれません。中には休みの日に普段よりも長い睡眠時間を得ることはあまり意味がありません。できるだけ毎日きちんと睡眠時間を確保することが大切です。

また汗をかくと肌がベトベトする人やじんわりとした汗をかかず、玉のような汗が出る人が疲労臭の原因になりやすいタイプです。

 次のページ
疲労臭はどうしたら治るの?

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別