体脂肪率から見る理想のボディとは

皆さん体脂肪率を気にしたことはありますか?

体脂肪率や見た目は誰しもが気になるものだと思います。年齢によってそれぞれの適正体脂肪率があるのです。

そこで体脂肪についてと理想のボディを紹介します。

 

体脂肪×肥満との関係

体脂肪とは、動物(人)の体内に含まれる脂肪の重量の割合のことを言います。肥満は体脂肪が必要以上に増えた状態を指しますが、BMIなど簡易的な診断法が広く一般的に使われています。

 

体脂肪率・適正体脂肪率

具体的に、体脂肪率(%)=体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg)×100という計算式で求められます。

体脂肪は低ければ低いほど良いというものではなく、低すぎると体温の低下や筋力の低下(筋肉を分解してエネルギーを作り出すため)を招くことがあります。

女性の場合はホルモンバランスの異常から、生理不順などを招くこともあります。

そこで適正な体脂肪率を以下にまとめてみました。

【男性】

・30歳未満

14~20%…適正値

25%以上…肥満

・30歳以上

17~23%…適正値

25%以上…肥満

【女性】

・30歳未満

17~24%…適正値

30%以上…肥満

・30歳以上

20~27%…適正値

30%以上…肥満

 

体脂肪率を詳しくまとめてみた

【男性編】

・3~4%

すべての筋肉がはっきりと見えてしまっている状態です。

ムキムキ・バッキバキ、お肉がつかめない状態です。全身に血管が浮き出ていているのが一目で見てわかるくらいです。ボディビルダーの人はこのような体つきをしている方が多いです。

・6~7%

3~4%の人ほどではありませんが、腕や足、お腹など全身の至る所に血管が浮き出ています。常に食事管理とトレーニングが必要になります。日常的に意識しなければ維持することが難しい範囲です。

・10~12%

腹筋の割れ具合が確認でき、適度に引き締まっている一方で、肌にツヤがあります。お腹や足に血管が浮き出る事も無くなり、腕にしか血管は浮き出ません。

多くの女性から好まれる体型でもあります。

・15%

筋肉の分かれ目がはっきりと見えたりはしませんが、比較的締まっている身体とも言えます。血管が皮下脂肪に包まれるようになるため、全身の血管が筋肉の上に浮き出る本数が減ります。

男性のナイスバディのラインは15%がギリギリだと言われています。

・20%

筋肉の輪郭が不鮮明になってきます。

・25%

人によっては首周りにも脂肪がつく人がいるレベルです。

・30%

腰周りよりも、お腹周りが太くなりお腹が飛び出して見える様になります。

・35%

典型的なビール腹と呼ばれる体型です。

・40%

この範囲は病的肥満という部類になります。胸やお腹の肉が垂れ下がってくるレベルで、日常生活で息切れを起こしやすいです。

【女性】

・10~12%

上半身に脂肪はほとんどなく、筋肉や血管が浮き上がってきます。アスリート的な美しさがあります。

・15~17%

お尻・太ももは少しだけ丸みを帯び、筋肉や血管が浮かび上がります。女性マラソン選手たちの体脂肪率は15%前後とも言われています。

・20~22%

やや女性らしい丸みが反映されてきます。適度に腹筋が割れています。

・25%

より女性らしさを感じられる体型で、男性からも女性からも好まれる体型です。健康的でパワフルな美しさを持つ反面、柔らかい印象をまとうようにもなります。

・30%

太ももやお尻が丸みを帯び、やや太いと言う印象の人が多いですが、特に男性から好まれる体型です。

・35%

一般的には平均的な範囲かもしれませんが、スタイルの良しあしを決める境界線の大事なラインです。

・40%

服次第ではごまかせるものの、ウエストや太ももにもお肉が付き、ウエストの太さがヒップの太さに迫るぐらいになります。

 

まとめ

男性・女性の理想の体脂肪率を紹介しました。

それぞれの体脂肪率によって見た目も案外変わってきます。自分自身の理想のボディを見つけ、目標に向かって頑張りましょう!

【関連記事】

女性の気になる体脂肪率のハナシ

体脂肪率を測るベストな時間帯とは

体脂肪を減らして、理想の美しさを手に入れよう!

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別