寒暖差による「自律神経」の乱れを予防しよう

秋になり、だんだんと寒くなってくると、台風の影響もあり、気温や天気が変わりやすい秋は寒暖差によってストレスを受けやすい季節になります。

「季節の変わり目には風邪をひきやすい」とよく言いますが、それには「自律神経」が深く関わっているそうなんです!

今回は自律神経の乱れを予防して元気に季節の変化を乗り越える方法をご紹介いたします!

 


寒暖差で体調を崩すのはなぜ?

寒暖差や台風による気圧変化で、わたしたちは知らないうちにストレスをため込んでしまいます。そのようなストレスが長期間続いたり、いくつかの他のストレスと重なると、「自律神経」のバランスが大きく乱れてしまうのです!

実は「自律神経」とはからだの様々な器官を調節する役割を担っており、バランスが乱れることで様々な不調を引き起こすとされています。そのため、激しいめまいが起こったり、吐き気や腹痛など人によって症状は違いますが、場合によっては日常生活に支障が出る症状に悩まされることもしばしばあります。

このような症状は「自律神経失調症」と呼ばれていますが、台風などの気象が原因で起こる自律神経失調症は「気象病」と呼ばれることもあります。
このように日常のストレスが増える寒暖差の激しい季節の変わり目には、体調を崩しやすいので注意が必要なのです。

 

そもそも「自律神経」ってなに!?

女性の健康に深く関わる自律神経ですから、よく耳にするワードだと思います。「自律神経を整えましょう」と言われても、一体何をどうすればわからないという方も多いでしょう。
そもそも自律神経とは何を司るものなのでしょうか?

自律神経は、血行や消化吸収、体温調節などを24時間休むことなくコントロールしている「交感神経」と「副交感神経」をまとめてバランスを取っているものです。

「交感神経」と「副交感神経」は互いに反対の作用を持っていて、自律神経が整っている状態にあると、必要に応じて正しく作動してくれます。

交感神経は、心拍数をあげたり血管を収縮させたりするなど体をアクティブにする働きを持ち、副交感神経は、心拍数を下げ血管を拡張させるなど、体をリラックスさせる働きを司っています。

 

自律神経の役割

では具体的に、交感神経と副交感神経は日々の生活の中で、どのような時にどんな風に働いているのでしょうか?

端的に言うと「生命活動の維持と関わる」と表現しても差し支えないくらい、重要な働きを担っています。

交感神経と副交感神経は、互いに促進したり抑制することで、内臓器官の働きを調節していますし、限られたエネルギーを効率的に使えるようコントロールしています。

例えば、交感神経が活発になると心臓の心拍数は増えますが、胃腸の働きは抑制されます。逆に副交感神経が活発になると、心拍数は減り、胃腸の働きは活発になります。

<交感神経が活発になると…>

●脳の血管が収縮する
●瞳孔が開く
●心拍数が増える
●胃腸の働きを抑制する
●膀胱が弛緩する
●汗が出る

 

<副交感神経が活発になると…>

●脳の血管が拡張する
●瞳孔が閉じる
●心拍数が減る
●胃腸の働きが活発になる
●膀胱が収縮する

以上のことから、戦闘態勢であったり、活発に動いている時、緊張状態にある時には交感神経が働いており、安心している時、休養時やリラックス状態にある時には副交感神経がそれぞれ活発になっていることがわかると思います。

実質的には汗腺や血管のほとんどを支配しているのは交感神経という特徴があり、体温調節と血圧のコントロールなどは、交感神経が支配していると言ってもいいでしょう。

 

自律神経が乱れる原因

心身の不調と密接な関連があるという自律神経ですが、どのようなことが原因となってそのバランスが乱れてしまうのでしょうか?

おもな原因を3つ見ていきましょう。

 

●ストレス

ストレスを感じることで、体内では交感神経が副腎皮質から「副腎皮質ホルモン」を分泌させます。同時に副腎皮質の中ではアドレナリンなどが分泌されます。

副腎皮質ホルモン、アドレナリンには、血糖値上昇や血圧上昇、免疫抑制、胃酸分泌促進、覚醒などを引き起こす作用があり、交感神経をより優位にする働きがあります。

そのため、ストレスを受け続けると交感神経が優位な状態が継続され、常に興奮した状態や戦闘態勢の状態が続くことになり、やがて副交感神経とのバランスも崩れてしまいます。
その結果、心身の不調を引き起こしやすくしてしまうのです。

人がストレスを感じる環境はさまざまです。

人間関係や仕事のプレッシャー、緊張といったものだけでなく、過労やケガ、温度、音、光などが原因のストレスも、自律神経の乱れを引き起こしやすくします。

このように常にギリギリな精神状態で過ごしていると、前に述べたような台風や季節の変わり目、寒暖差など自然の変化が決定打となり、強制的に休養を取らせるような身体の不調を引き起こす場合があります。

●不規則な生活習慣

私たちの身体は、規則的な生体リズムのもと、さまざまな器官が絶妙なバランスを保ちながらその役割を果たしています。

しかし、慢性的な睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活、昼夜逆転の生活といった不規則な生活習慣を送り続けてしまうと生体リズムが狂い、自律神経のバランスも乱れてしまいます。

不要なストレスを軽減させるためは、不規則的な生活を避け、バランスのとれた食事を摂るようにしましょう。

 

●心身の疾患

ストレスや不規則な生活習慣だけでなく、心身の疾患が原因となって自律神経のバランスを乱してしまうこともあります。

過剰な精神的・身体的ストレスが原因となって発症する自律神経失調症は、元々乱れがちだった自律神経がさらに乱れ悪循環に陥ってしまう疾患です。

また、更年期障害は、閉経前後に女性ホルモンの分泌が急激に減少することで自律神経が乱れてしまう疾患です。

症状としては突然のほてりやのぼせ、めまいや頭痛などの不調が挙げられます。

このように、自律神経は日々のストレスや生活習慣、女性特有の身体の変化やそれにまつわる疾患と密接に関わっているのです。

 

生活習慣を整えよう

自律神経が乱れる大きな要因として、「ストレス」や「生活習慣」が深く関わっているのは、おわかりいただけたと思います。

もちろん、気圧や気温の変化や対人関係などの外発的なストレスはどうしようもありませんが、そのようなストレスをため込まないようにするコツや日々のちょっとした工夫はたくさんありますので、いくつかご紹介しますね。
当てはまるところがあったり、取り入れられそうな情報がありましたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

〇良質な睡眠で頭と体を休めよう!!

自律神経にとって1番大切な時間が「睡眠」です!

体を活発に動かす、車でいうアクセルの役割をする交感神経は、昼間活発に働き、逆に夜は働きが抑えられます。

一方、体をリラックスさせる副交感神経は、昼間は働きが抑えられおり、夜になると優位に働きます。この2つの神経の働きが、夕方前後に入れ替わっていることが、1日24時間の中で理想的な自律神経のリズムになっています。

理想的な自律神経のリズムに合わせて睡眠をとることで、質のいい睡眠を得ることができます。副交感神経には、「ゆるやかにしか働く」という特性があります。つまり寝る直前、急に副交感神経を働かそうと思っても無理なので、就寝前の3時間ほど前から意識して副交感神経の働きを高めていく習慣をつけると、質の良い睡眠へとつなげることができます。
逆に交感神経は、緊張したり興奮したりすると急に活性化しますので、夕方以降は仕事モードを完全にオフする、またストレスを感じるものや興奮状態を促進するような映像や音楽は避けるなど、リラックスできる環境を整えることも大切です。

また、年齢とともに副交感神経の働きは衰えってきてしまいます。これは、仕方がないことではありますので、年齢を重ねるほどに自分のリラックスできる環境を大切に考えるのも、快眠のコツです。

自律神経と睡眠は最も深い関係にありますので、毎日の睡眠の質を上げ、適切な睡眠時間をしっかりとるようにしましょう!

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別