秋に肌荒れしてしまう3つの理由○

「お肌の赤みが気になる」「鏡を見るのが嫌になる」そんなお悩みはありませんか?そんなお悩みが多い季節は秋~冬ですが、その季節は一年で一番空気が澄んで、一年で一番感度が上がる季節です。そうなると秋冬は特に自分を大事にしたい季節ですよね。ですが季節的にお肌がカサカサしてしまったり…なんてことも。そこで秋冬の肌荒れの原因について紹介します。

 

 

肌荒れの主な症状

〇カサつき

〇毛穴の開き

〇ニキビ・吹き出物

〇湿疹・皮膚炎

 

肌荒れの初期症状はまずはカサつきです。カサカサとしてキメがあらくなり、毛穴が開いて目立ち始めるのと同時に手触りがザラっとして硬くなった感じになります。そこからさらに乾燥が進み、皮脂分泌の乱れによりニキビや吹き出物が出来る事もあるのです。

顔の赤みや湿疹、ピリピリとしたかゆみを伴う症状などは進行すると皮膚炎などが長引き、敏感肌にもつながりかねません。

 

 

1つ目の原因!「秋は夏の疲れがたまっている」

夏は紫外線をたくさん受ける季節ですよね。UVケアをしていてもダメージを与えてきます。肌老化の約80%が紫外線の影響とも言われていますがそれほど紫外線の影響力は私たちが思っているよりも大きいのです。

シワやたるみといったものだけではなく、紫外線は肌に拍車をかけ、肌のバリア機能を低下させてしまいます。他にも汗をかいたまま放置していたり、冷房が効いた部屋にずっとこもっていたりするのもお肌が疲れる原因の一つです。秋が来る前にしっかりと対策をしておくことが肝心です。

夏の疲れを取る為には、肌の水分と油分のバランスを整えてしっかりと栄養素を届けておくことが大切です。

その際は季節ごとにスキンケア用品を変えることをおすすめします。皆さんは界面活性剤について知っていますか?簡単に説明すると分子内に水になじみやすい部分と油になじみやすい部分を持つ物質の総称のことを指しますが、そういったものが肌のバリア機能に刺激を与えるものは避けることがあります。食生活でもビタミンCをいつもより意識して摂取しつつ、内側から栄養を与えることも大切になってきます。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別