意外すぎるビールの効果とは!?

居酒屋に行ったら「とりあえず生ビール!」という方、多いのではないでしょうか。
しかしビールの飲み過ぎは太りやすいと言われていたり、痛風になりやすいと言われていたり、あまり健康によくない印象を持っている人が多くいます。

そんな中、ビール大好き!という人に朗報です。
実はビールはお肌にいいと言われています。

お肌にいいけど飲み過ぎはよくない!では、どのくらいが適量なのでしょうか。今回はビールとお肌の関係性について紹介していきたいと思います。

 

ビールに含まれる美肌成分とは

実はビールにはたくさんの美容成分が含まれています。
例えば、粘膜や皮膚の健康を維持するビタミンB6、肌と髪の健康を維持するパントテン酸、むくみを改善するカリウム、抗酸化力に優れ資質を分解するビタミンB2、貧血を予防するビタミンB12、など栄養素が豊富です。

上記をよく見ると、ビタミンB群が多く含まれることがわかります。
ビタミンB群とは、「補酵素」になることが重要な働きであり、体内で糖質・脂質・たんぱく質を消費してエネルギーや体を作る際に大きく活躍しています。
ご飯や肉をしっかり食べていても、ビタミンB群がとれていないとエネルギーや体が作られにくくなり、体の不調などが生じやすくなる可能性があります。

ビタミンBはとても重要な栄養素です。
しかしビタミンB群をビールだけで取るのは避けましょう!

関連
人気急上昇中!美容効果のあるスーパーフードとは

 

ビールのさまざまな効果

ビールの美肌効果を知っているひとはなかなか少なかったのではないでしょうか。
私自身もビールの美容効果はあまり考えたことがなく、やはり程よく飲むことは重要なのだなと感じています。

そんな中、ビールが持つ良い効果を調べると、実は美肌効果以外にもビールを飲むメリットがありました。
ビールを飲んでメリットがあるなんて、なんて幸せなことでしょう!

次のページではビールの様々な効果についてご紹介していきます!

次ページ
ビールの持つ様々なメリットとは!?

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別