プロテイン=筋肉はもう古い!?プロテインの知られざる効果

こんにちは!今回はプロテインについてご紹介します。

「プロテインは筋肉をつけやすくするって内容はもう見たよ!」

という方は多いかもしれません。確かにその内容については触れましたが、今回はその他の活用法についてのお話です。それでは見ていきましょう。

 

「プロテイン=筋肉」だけではない!

プロテインは筋肉を増強させるために飲むというイメージが強いものです。実際にアスリートやプロレスラーなど、筋肉モリモリな方々はプロテインを飲んでいることが多いです。なので、プロテイン=筋肉はその通りです。しかし!減量の手助けになるかもしれません。

また、筋肉だけではなく、人間の髪や皮膚、爪、骨などを構成しているのも実はたんぱく質です。たんぱく質は人間には欠かせない栄養素なのです。

たんぱく質の必要量は計算で出すことができます。

「自分の体重(kg)×体重1kgあたりのたんぱく質必要量(g)」

体重1kgあたりのたんぱく質必要量は、運動をしていない人だと0.8gだと言われています。仮に体重が65kgだとすると、体重65kg×0.8=52gがその人の1日に必要なたんぱく質量になります。まずは自分にはどれぐらいの量が必要なのか、計算をしてみると良いかもしれません。

 

プロテインの様々な効果とは?

それでは、筋肉増強以外の活用法について解説をしていきます。

〇食欲を抑える

プロテインには食欲を抑える効果があると言われています。空腹ホルモンが減少して食欲低下ホルモンが増えます。つまり、食欲を抑えてさらにお腹が空きにくくなります。それによって自然と摂取カロリーを減らすことができ、間食も抑えることができるのでダイエットにつながります。

次ページ
まだまだある!プロテインに含まれる効果とは

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別