減量中のプロテインの摂り方

プロテインは身体を大きくしたい男性が愛用している印象が強いですが、普通のプロテインのほかに、減量の為のプロテインがあるのってご存知ですか?「そりゃあ痩せたいけどムキムキになりたいとはいってないよ…」と言う方も安心。プロテインにも種類があるのです。今回は減量中のプロテインについてご紹介したいと思います。

 


減量用プロテインとは?

よく身体を大きくしたい男性が好んで飲んでいるのがホエイプロテイン。減量用のプロテインは「ウェイトダウン」や「○○ダイエット」と言う商品名で販売されていることが多いです。これらの大きな違いは原材料です。ホエイプロテインは牛乳から抽出された動物性のプロテインに対して、減量用のプロテインに多く使用されている原材料は大豆から抽出された植物性のタンパク質なのです。実は減量用のプロテインって大豆を使ったものが多いです。その理由は大豆のプロテインは代謝を上げたからだを引き締める効果が期待できるほか、抗酸化作用やコレステロール値を下げホルモンバランスを整えるなど、ヘルシーで健康的なイメージからダイエット用のプロテインとして採用されています。またホエイプロテインに比べ、消化、吸収がゆっくりで腹持ちがよく空腹感を紛らしやすいといったメリットがあります。ですが筋力アップに多く使われるホエイプロテインに比べ溶けにくいのです。元々固形物の大豆を使用していることが原因だと思います。これは我慢するしかありませんね。筋肉をつける目的ではない方にはソイプロテインがおすすめです!とくに私がおすすめするのは、ドクターリセラの「ソイシェイプル」です!飲みやすく、女性の方にも試しやすい商品です!

 

 

プロテインの摂取量は?

減量時でもタンパク質は大切です。ダイエットの為にこれから飲もうと考えている方は、個人差にもよりますが、一回あたりタンパク質15~20g程度の摂取を目安にして水や牛乳に溶かして飲んでみてください。牛乳はカロリーが高いと思いますがタンパク質と骨づくりに欠かせないカルシウムを多くとれる食品です。牛乳などで一日に必要なカルシウムをとるのに必要な乳製品はしっかりと摂取しておくといいですね。もしカロリーが気になる方は低脂肪乳や無脂肪乳を選ぶか、水で溶かして飲む場合は野菜や大豆製品をしっかり摂るようにしましょう。

 

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別