30代からシミが増加?!その理由と対策は?

今肌に関することで何に対して悩んでいますか?年齢を重ねるごとに、「乾燥してきた」「シワが増えた」「黒ずみが気になる」といった悩みが増えてきた方もいるかと思います。そんな中、実は30代女性はシミが増加することが分かったのです。

そこでその理由と対策について紹介します!

 

 

30代のお悩みの原因!シミについて

実は30代前後になると10代、20代の頃にはなかった年齢に伴う様々な変化が体の中で起こります。そのため30代になって肌にシミが出来たなんていったトラブルが出てくるのです。

そこで年齢に伴う様々な変化とは果たして何なのか。説明します。

〇肌の代謝力の低下

全身に起こっている変化はもちろん皮膚にも影響を及ぼします。皮膚の細胞はある程度の期間で生まれ変わるようになっていて、その周期は大体30~45日とも言われています。

この周期は年齢を重ねるごとに遅くはなってきますが、特に30代の頃から全身の代謝機能の低下が目立ち始め、肌代謝であるターンオーバー周期が遅れ始めるのです。

20代の頃は、紫外線によって発生したシミはターンオーバーによって新しい肌へと変わってきましたが、30代ともなると色素が沈着してしまい、消えなくなってしまうのです。

「ターンオーバー周期には個人差があります。一般的には加齢とともに新陳代謝が低下し、30代~40代になると45日程度はかかるといわれます。年齢とともにちょっとした傷も治りにくくなっていくのはそのためです。」

引用元「スキンケア大学 白金ビューティフルエイジングクリニック院長 山口麻子先生監修:https://www.skincare-univ.com/article/000006/

 

〇女性ホルモンの影響

女性ホルモンにはメラノサイト(色素細胞)を活性化させる働きがあります。そのため妊娠・出産の時期にはシミが濃くなったり増えたりします。産後、ホルモンバランスが元の状態に戻ればメラノサイトの活性化も無くなりますが、すでにシミの元は出来ているのでシミが目立つようになります。

「女性ホルモンや紫外線などの刺激誘因物質がケラチノサイトにはたらきかけると、メラノサイト活性化因子であるプラスミンが産生され、そこからメラノサイトのメラニン産生がスタートします。」

引用元「TRANSINO:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/component/kanpan/

 

〇保湿力の低下

30代を過ぎると、肌のハリを保つコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸の量が減少していきます。この成分には弾力だけではなく、潤いを保つ役割もあるため肌の乾燥が進みやすくなります。乾燥した肌と乾燥していない肌とでは、紫外線などの刺激に対するダメージが全く違うのです。乾燥した肌の方がバリア機能が圧倒的に弱まり、よりダメージを受けやすくなってしまいます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別