痩せ体型なのに体脂肪率が高い「隠れ肥満」に注意!

「見た目は細く見えるのに体脂肪率が高い」という隠れ肥満の人が増えています。隠れ肥満になるとどんな影響があるのでしょうか?普通の肥満とは名前の通り違いますね。

今回は隠れ肥満についてどんなものか、そして改善法を紹介します。

 

 隠れ肥満って何?

 簡単に言えば痩せているけれど体の中身は脂肪が多いということです。

体格指数と呼ばれる、BMIを基準に考えられる方も多いかと思いますが、BMIが標準であっても油断大敵です。
なぜなら身長と体重から計算されたものだからです。

厚生労働省によると、BMIは標準でも筋肉や骨と比べて脂肪が多い、つまり体脂肪率が高い状態(隠れ肥満)が最近の若い女性に多く見られているそうです。

引用:e-ヘルスネット 情報提供 – 厚生労働省

隠れ肥満の方の傾向はこちらです。

・20代から体重は変わっていない。

・BMIは標準程度、体脂肪率が25%以上

このような方は表面上は肥満体型には見えませんが、実は筋肉量が減って体脂肪が増えている可能性があります。これが「隠れ肥満」です。

痩せていればいいやと思いがちですが実は痩せている人ほど体重を支えている力が弱いため、筋肉量が少なく骨が弱くなりがちなのです。

他にやる気が出ない、午前中の体調が悪いなどの体調不良の症状が出始めます。

隠れ肥満にならないために、日々の適度な運動で筋肉量を増やし、隠れ肥満には縁遠い体を作りましょう。

 

体脂肪を減らそう!!

体脂肪率を減らすことで隠れ肥満は解消できます。では次の食事法で改善してみましょう!

〇食べ方の順番を意識する

これは食事はバランスをよく摂った上での話です。食べる順番を野菜→タンパク質の多い食べ物(肉、魚、大豆製品、たまご、乳製品)→糖質の多い食べ物(ごはん、パン、麺類)にすると血糖値の急上昇が防げます。

例えば食べる順番を意識しないで麺類を食べたとします。すると糖が素早く消化、吸収されて血糖値が急激に上がり、インスリンが過剰に分泌されてしまいます。

そしてその急激に上がった血糖値は急激に下がる為、空腹感が出てしまいます。

インスリンには、脂肪を合成して蓄えようとする働きと、脂肪の分解の邪魔をする働きがあるのです。なので体脂肪を減らすにはまず食べる順番を意識しましょう。

 

◯それでも忙しくてなかなか取り入れられないという方には

朝は忙しくてカップ麺だけやおにぎり、食パン一枚だけ…夜は夜遅くなって疲れてコンビニのお弁当ばっかりという方も多いのではないでしょうか。

そんな方こそ、特定の食品を抜いたり、はたまた特定の食品に偏ってしまいがちです。

始めは、コンビニやスーパーの食品でも構いません。重要なのは偏食をするのではなく、主食・主菜・副菜のそろった食事を意識することです。

また上記に加え、調理法や菓子・アルコールなどのとり方を見直してみましょう。

 

全ての食事を12時間以内にしよう。

例えば「夜遅くに仕事から帰ってきて夜ご飯が遅くなってしまったけど遅い時間の食事は太ってしまうし…」と考えて食べないでいる人もいるのではないかと思います。

ですが朝食から夕方までを12時間以内に収めると、体がもって生まれたリズムで動いていると言えるのだそうです。

 

 隠れ肥満にもやっぱり運動!!

 今日食べ過ぎたから明日から食べる量減らそう…自分でそう決心して体型をキープできることはすごいことですが、それだけでは脂肪は減らずに筋肉が減っている可能性が高いのです。

健康な体型にはやはり運動です。目標は脂肪を筋肉に変えることです。

運動不足の人は筋肉や骨が衰えて脂肪が増えてきます。

普段はほとんど身体を動かさないで食事量は変わらず摂っているのに体重が変化しない方は内臓脂肪が溜まっている隠れ肥満の可能性があります。このような人は積極的に運動をしましょう。

エクササイズやウォーキング、水泳などの有酸素運動が内臓脂肪を減らす効果があるので、これらを1回30分以上、週3日以上続けるようにしましょう。これらを活用して隠れ肥満をやっつけましょう!

 

 まとめ

脂肪はいつの間にか体に蓄積されていきます。食生活の改善、日ごろの運動を心がけて筋肉をつけて、美しい体作りをしましょう!

 

【関連記事】

「女性の気になる体脂肪率のハナシ」

「体脂肪率から見る理想のボディとは」

「「生理」は最高のデトックス期間!」

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別