むくみの原因

足がむくむと、ふくらはぎがパンパンで辛い。デスクワークの方や立ちっぱなしの仕事の方は経験したことがあるのではないでしょうか。今回はそのむくみの原因と対処法を紹介していきます。

 

足のむくみのメカニズム

心臓から全身に送られる血液は動脈を流れて端末の毛細血管まで運ばれ、静脈を流れて再び心臓に戻ってきます。しかし、足に運ばれた血液は重力に逆らって心臓に戻るため、ふくらはぎの筋肉がポンプのような役割を果たし、血液を心臓に送っています。

また、足の静脈には逆流を防ぐ弁があり、血液を効率よく心臓に戻すために役立っています。この一連の流れにトラブルが起きると血液が足にたまり、足がむくむのです。また女性は男性に比べて筋肉量が少ないためむくみが起きやすくなります。

 

むくんでしまう原因

むくみはほとんどが生活習慣によっておきます。むくみが起こる原因は横になっている時は足の血液が重力に影響されず心臓に戻りますが、起きている間は体の中で足が一番下に位置するため、重力の影響で水分も溜まっていき夕方や夜にむくみが起きやすくなっています。

〇同じ姿勢のまま長時間過ごす

同じ姿勢をしていると、ふくらはぎが動かないため足の血液が心臓に戻りにくく、むくみが起こります。立ち仕事やデスクワークで起こりやすいむくみです。

 

〇ダイエット

タンパク質や体内の水分が不足するため、ダイエットで栄養が偏るとふくらはぎの筋肉が衰えてしまい、むくみやすくなります。

 

〇代謝の低下

体温調節のための発汗は、水分代謝機能で自律神経によりコントロールされています。エアコンの効いた温度変化しない環境にいると自律神経の働きが鈍くなります。そのことにより水分代謝機能が低下し、むくみを引き起こします。

 

〇体の冷え

エアコンの効いたオフィスにいると血行不良がおこります。血行不良になると毛細血管まで届かなければいけない血液の量が足りなくなり、血液が滞ってしまいます。すると冷えとむくみを引き起こします。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別