お肌の必須成分「セラミド」とは?○


皆さんも一度は「セラミド」って聞いたことはありますよね?ドラックストアにいくと必ずと言ってもいいほど目にすることが多いですよね。でも実際、「セラミド」についてどんなものか説明できる方は少ないかもしれません。肌トラブルの多い方は美容に興味のある方必見!今回はセラミドについて詳しくご紹介していきます!

 


セラミドって何?

セラミドとは肌の角質層のことで、細胞間脂質の主成分で約50%を占めています。実はとっても身近なもので、お肌のうるおいを保つ上で重要な役割を担っている必要不可欠な美容成分の一つです。細胞間脂質は細胞と細胞の間でスポンジのように水分や油分を抱え込んでくれている、肌や髪の乾燥を防ぐために欠かせない働きを担っています。健康で若いお肌がしっとりとみずみずしくハリがあるのは、このセラミドがたっぷりと含まれているからなのです。しかし、セラミドは加齢や気候、環境の変化などによって減少するといわれており、このセラミドの減少が肌荒れや乾燥肌(敏感肌)、老人性乾皮症などの肌トラブルを引き起こす原因になってきます。

 

セラミドの保湿効果

肌には生体を維持するためのバリア機能が備わっています。そのバリア機能の手助けをするのが「セラミド」の役割です。天然のセラミドはヒアルロン酸と同様に肌のうるおいを保つ効果を持っています。肌は常に外部と接触しているため、ちょっとした変化でも影響を受けてしまい、バリア機能を保持するためのセラミドが減少してしまいます。すると、肌内部の水分を維持するのが難しくなり、カサカサの乾燥肌になってしまうのです。老化による肌の乾燥やアトピー性皮膚炎などの肌荒れを起こしやすい肌はセラミドが不足している特徴があるそうです。そのため、バリア機能が低下しやすく抗原や化学物質が肌内部に入りやすくなるので、アレルギー反応が起こり、かゆみや炎症などの肌荒れを引き起こすといわれています。セラミドの少ない方は積極的にセラミドを取り入れていきたいものですね。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別