コラーゲンの基礎知識

皆さんコラーゲンはご存知ですか?聞いたことがある方も多いと思いますが、美肌にいいという意味だけでなんとなく取り入れている人も多いのでは?今回はコラーゲンの基礎知識を紹介します!

 


コラーゲンってまずどんな物質?

コラーゲンはたんぱく質の一種です。人間の身体をつくるたんぱく質のうち約30%がコラーゲンとされています。私たちの皮膚の70%はコラーゲンが占めています。真皮のコラーゲン分子は、アミノ酸がつながってできた鎖を3本組み合わせた三重らせん構造をしており、ハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ働きをしており他に血や骨を作ったりもします。つまりコラーゲンには肌を支える力があるのですが加齢と共に年々減少してしまいます。ですが後述で紹介する食べ物を摂取すればコラーゲンの減少を防ぐことができるのです。

コラーゲンには種類がある!

コラーゲンには種類があり、人間の体内には現在までに分かっているところ全部で28種類。Ⅰ型、Ⅱ型といった形で分類されています。そのうち9種類が皮膚に存在し、それぞれが重要な役割を果たしています。28種類全てのコラーゲンの役割は今現在解明されておりません。一般的に有名なのはⅠ型コラーゲンで、これは皮膚に多く存在し弾力や強度に関わっています。コラーゲンにはタイプで分けられており、線維を形成するコラーゲン、膜型コラーゲン、真皮をと表皮を繋ぐコラーゲン、線維の太さを調整するコラーゲン、ビーズ状線維を形成するコラーゲンがあります。特にⅠ型、Ⅱ型、Ⅶ型の3つのコラーゲンは肌のツヤや弾力を保つためには必要なものです。さきほども言いましたが、体内のコラーゲンは加齢とともにどんどん減少し、体の中で新しくコラーゲンを作り出す力も衰えていきます。サプリメントや食品などで補う研究は進められてきましたが現在もコラーゲンを新たに生み出す力に注目が集まっています。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別