置き換えダイエットでプロテインを飲むコツ

皆さんプロテインを飲んだことはありますか?プロテインと聞くと、筋力アップするために飲むのではないかと思う方もいるのではないでしょうか。しかし今は、体型維持やダイエット目的で飲む人も多くなっています。プロテインで置き換えダイエットをしている方も多いのですが、ダイエットの基本を理解していないという方も。
そこで、今回はプロテインで置き換えダイエットをする方法や基礎知識と、ダイエットを成功させるコツについてご紹介します。

 

プロテインダイエットって何?

プロテインダイエットは食事の一部をプロテインに置き換えるダイエット法です。
1食分を置き換えるのではなく、バランスの良い食事は取り、食事の中の“ご飯”の代わりにプロテインにするといった具合に取り入れる方法です。このプロテインで置き換えをすることで一日の総摂取カロリーを抑えることができます。プロテインに置き換えをすることで、どのくらい抑えられるかというと、食材によっては半分以下にカロリーを抑えることができます。
14.2gのタンパク質量を他食材で摂取する場合、鶏もも肉ならば174kcalですが、プロテインの場合には75kcalです。つまり、プロテインダイエットでは、タンパク質量・摂取する栄養素を減らすことなく、カロリーを抑えることができると言えます。

 

置き換えのオススメのタイミングは?

オススメのタイミングは2つあります。いずれかの中で、もっとも取り入れやすいタイミングから置き換えをはじめてみましょう。

◯摂取エネルギー量が増えるとき

食生活の中で、脂質の摂取エネルギーが多い食材をプロテインに置き換えましょう。

◯食事間隔が開く時間帯・間食をしたくなるとき
また仕事などでごはんを食べそこねたり、小腹がすいてしまったときにプロテインを飲むと、高タンパクで低カロリーのため、筋タンパク質が分解されずに筋肉を守ることができます。ケーキやチョコレート、ポテトチップスなど高カロリーで脂質も多い間食をプロテインに換えることで太りにくくなります。

〇置き換えにオススメの食材

脂質量が一番多くなるメイン料理をプロテインに置き換えると脂質の摂りすぎを防ぎ、またダイエットに必要なビタミンやミネラルの補給もできます。
例えば、夕食の場合によくメイン料理で使われる「牛肩ロース」「鶏もも肉」「あじ」などの1回の使用量が80gの場合、タンパク質は平均して15~17g前後です。同量のタンパク質を取れるだけのプロテインとメイン料理を置き換えるだけでカロリーは抑えつつ、バランスのよい食事を摂ることができます。

 

プロテイン!おすすめの飲み方

朝起きた時にプロテインを1杯飲むのもオススメです。朝ごはんの代わりに、プロテインスムージーを作って飲むとエネルギーをチャージすることが出来て、健康的でおすすめです。

また、朝に野菜をミキサーにかけてスムージーを作り、その中にプロテインの粉を追加するだけでプロテインスムージーが完成です。野菜と一緒にプロテインを飲むことで、バランスの良い食事を行えます。

 

プロテインの味って何があるの?

プロテインの味はバラエティにとんでいます。

〇よく知られている味

チョコレート、ココア、カフェオレ、バニラ、バナナ、桃、マンゴー、メロン、アーモンド、イチゴ、ヨーグルト、パッションフルーツです。

ココアとチョコレートはカカオベースが入っているため、似たような味がします。

〇苦みがあり風味が強い味

抹茶とカフェオレなどもともとの味が活かされた味です。

〇甘みと酸味があってさっぱりとした味

ミックスベリー、ストロベリー、ヨーグルト、南国パイン風味、オレンジヨーグルトがあります。中には味付けがされていないプレーン味もあり、果物と混ぜて飲むときに良いと思います。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別