体脂肪率を下げたい女性にやってほしいトレーニング!○


腹筋が割れて引き締まったカラダはかっこいいですよね。割るために腹筋を頑張っている方も多いのではないでしょうか。割れた腹筋を手に入れるには、体脂肪を落とすことがポイントになります。

今回は、女性の体質と、体脂肪を下げて筋肉をつけるトレーニング法についてご紹介します!

 

女性は脂肪を落としにくい体質

男性のプロレスラーやボディビルダーなどの筋肉はかなり大きく盛り上がっています。その反面女性は、筋肉を増やしてくれる「テストステロン」というホルモンが男性に比べてなんと20分の1程度!そのため、男性のような筋肉がつきにくい体質になっています。

また、女性はお腹に脂肪が蓄えられやすくなっています。ホルモンは脂肪から作られているものが多く、女性ホルモンのバランスを整えて健康を維持しています。その健康維持のために体脂肪が減りにくい体質になっているので、なかなか脂肪が落ちなかったりお腹がへこみにくかったりします。そのため、日ごろからトレーニングする習慣をつけて取り組んでいくことが大事です。

 

トレーニング前後にはストレッチ!

では早速トレーニングスタート!

といきたいところですが、その前にまずはストレッチから始めましょう。筋肉が硬い状態だと関節の可動域が狭いため、いきなりトレーニングを始めるとケガの原因になってしまいます。

トレーニング前には血行を促進させて筋肉を温めるためのストレッチ、トレーニング後は筋肉に疲れを残さないためのほぐすストレッチをおこないましょう。

筋肉をつける時には部分的にトレーニングをするのではなく、まずは体幹の筋肉を発達させるようにしましょう。体幹の筋肉を発達させると体脂肪を燃焼させやすくなり、腕や脚などの筋肉も発達していきます。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別