「食物アレルギー」大人になっても発症する可能性も!?

好きな食べ物はなんですか?今まで好きで食べていたものが、ある日突然体が受け付けなくなることがあるのです。それを「食物アレルギー」と言います。アレルギーと聞くと、子供に多い症状だと思われていることが多いのですが、実は大人になってからこのアレルギーにかかることもあります。

そこで大人の食物アレルギーについて解説していきます。

 

食物アレルギー

日本人の2人に1人は何かしらのアレルギーにかかっているということを知っていましたか?数多くの人がアレルギーで苦しんでいる中、最近注目されているのが大人になってから発症する食物アレルギーです。今まで美味しいと食べていたものが、ある日を境にアレルゲンとなりアレルギー症状を引き起こしてしまうのです。

そんなフードアレルギーには食べてすぐ症状が現れる「即時型アレルギー」と症状が出るのに数時間~数週間かかる「遅延型アレルギー」の2種類あります。

果たしてそれぞれの種類にはどのような症状があるのでしょうか。説明していきます。

 

〇即時型アレルギー

・皮膚のかゆみ

・口の中のイガイガ

・じんましんや紅斑

・くしゃみや鼻水

・浮腫み

・呼吸困難

・下痢や腹痛

・喘息発作や咳

・嘔吐

などが見られます。

その中で一番重い症状はアナフィラキシーショックとなっていて、この症状は血圧が下がって意識が低下してしまうのです。

 

〇遅延型アレルギー

・頭痛やめまい

・関節痛

・嫌悪感

・肌荒れ

・情緒不安定

・疲労感

などがあります。

遅延型アレルギーの場合は、症状の発症が遅いことからなかなか食べ物が関係しているなんて気づかない人も多くいます。

子供のアレルギーは成長したら治ることもありますが、大人の食べ物アレルギーに関しては治らないこともしばしばあります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別