今すぐやめよう!老ける人の悪習慣

シミやシワ、たるみのない顔、ピンとした姿勢や軽やかな動きで、若さを感じることはありませんか。実は普段のちょっとした生活習慣の悪習慣が若さを左右していることがあるんです。今回は悪習慣と老けない人の習慣を紹介していきます。

 

あなたは大丈夫?

〇日焼け

肌年齢を高めてしまう最大の原因は日焼けです。日焼けをするとシミ・そばかすの原因になり、乾燥によるシワやたるみの原因にもなります。

たとえ雨が降っていても紫外線は無いわけではありません。季節や天気に関係なく毎日日焼け止めを塗ることや帽子、サングラスによる対策が大事になってきます。

人に影響を与える紫外線には、2種類あります。エネルギーの弱いUV-A波とエネルギーの強いUV-B波です。そのうちUV-A波はガラスも通してしまうほどなのです。UV-A波は皮膚の褐色化や黒ずみを起こし、日焼けをした際にヒリヒリするのはUV-B波原因です。

また、紫外線を浴びると、皮膚は防御反応を起こし、メラニン色素を過剰に作り出します。そのメラニン色素が皮膚に残ってしまうことで、しみとなるのです。

 

〇手や手首にも気配りを

顔のスキンケアはしているけど手や首のケアをしていないという方は、もしかしたら実年齢より老けて見られているかもしれません。
女性は顔や脚だけでなく、実は手の甲や首も注目されています。手や首は年齢が出やすいパーツでもあるので、どれだけ若作りしても手がカサカサだったり首にシワができていたら年齢より老けているというイメージになってしまうでしょう。

首は頭を支えている重要な体の一部です、普段のなにげない行動で負担か掛かってしまいます。
また収縮などが多い場所は、自然と同じ動きに対して形状記憶のシワができてしまいます。
他にも普段使用している枕の高さが自身に合っていないと首にシワができやすい状態になりますので、気をつけましょう。

 

〇睡眠不足

睡眠不足は目に下のクマやニキビができるなど、直接肌に影響するのを実感した経験がある方も多いと思います。昼の肌は紫外線や公害物質、ばい菌などのストレスと戦っていますが、それを解消して肌細胞の補修が行われているのが夜の寝ている時間です。

お肌にとっては長時間寝る事よりも質の良い睡眠をとる事が大切です。夜更かしはしないようにしましょう。

〇食生活

美容のためには体の内側から綺麗になる必要があります。深夜のドカ食いや毎晩のスイーツなどは一瞬にして肌に悪影響を与えます。ドカ食いを少量にしたり、スイーツは夜ではなく朝食べるようにするなど自分なりの対策が大事になってきます。また抗酸化作用のある緑黄色野菜やきのこ、海藻、豆などを中心とした食生活をし、暴飲暴食や深夜の食事はしないようにしましょう。

 

〇美意識

いつまでも綺麗な方っていますよね。美意識の高さがその美しさを作っています。いつまでも体型を維持したい、いつ見ても正しい姿勢を維持するなど自分磨きを頑張っている方が多いです。

どうせ私なんて歳だし…と諦めてしまうことを改めることで自信がつくかもしれませんね。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別