肌の「かゆみ」を感じる。肌の加齢が原因?!

皆さんお肌に関する悩みはありますか?女性の方で、肌のかゆみについて悩んでいる方はたくさんいると思います。中には皮膚科に行くくらい悩んでいるという方も…そのくらい肌のかゆみは厄介ですよね。その理由として、実は加齢が原因として挙げられているのです。

そこでなぜ肌がかゆくなるのか、肌のかゆみと加齢の関係性について解説していきます。

 

何が原因でかゆくなるの?

主な原因としては、肌の乾燥とバリア機能の低下と言われています。

皮膚には、表皮のもっとも外側にある角層のバリア機能によって外側からのウイルスや細菌などの侵入と、体内からの水分の蒸散を防ぐ役割があります。しかし乾燥した外気やエアコンの風などで角層の水分量が減少すると、乾燥状態になってしまうのです。よく車で暑い日にエアコンをかけたり、室内でエアコンをかけたりと様々な場面で使用する人が多いと思います。そういったことが理由で肌のかゆみは起こってしまうのです。

そして秋から冬にかけて気温の低下とともに乾燥してしまうので、乾燥した皮膚表面の角質層に微かなヒビが入ることで、外界からの刺激や異物の侵入を防ぐバリア機能が弱まってしまうのです。

 

目元が荒れやすいその理由は何か

顔のかゆみや赤みが出やすい場所はだいたい決まっています。特にかゆいのが、目の周りです。目の周りは特に皮膚が薄くなっていて、自分自身でも触ってみるとわかるくらいの違いがありますよね。皮膚が薄いということは、同時に乾燥しやすいとも言えます。

例として挙げると、夏から秋にかけて花粉が飛びますよね。それは花粉症の人にとっては酷な期間ですが、その花粉は肌表面でブロックされていて奥までは入ってこないようになっています。しかし肌荒れが原因でバリア機能が低下している状態だと、花粉が肌の奥底まで入ってきやすくなり、それがかゆみや赤みの原因を引き起こしてしまうのです。それが原因で肌が敏感になってしまい、今まで使っていた化粧品などが染みたりしてしまうのです。

お気に入りの化粧品があったとして、それをずっと使用し続けることもアレルギー反応を引き起こす原因になりかねません。特に季節の変わり目には注意しましょう。

 

体の水分は年齢別で経る量が違った?!


老化と共に体の水分は失われていきます。生まれた時の水分量と、大人になってからの水分量はかなりの差が出てきます。肌に水分が不足すると、上記で挙げた通りに乾燥したりと肌にはたくさんの負担がかかります。
しかし肌の水分量を上げるためにはある成分が効果を発揮してくれます。それは「セラミド」です。そこでセラミドについて紹介します。

〇合成セラミド
セラミドに似ている物質を化学的に合成して作られています。主に化粧水の中に入っています。

〇人型セラミド
肌の浸透力を高めるのに効果的です。角質層には特に効果があります!

〇天然セラミド
馬由来・豚由来のものがほとんどで、浸透しやすいほかに使い続けることで、肌のセラミドを増やすことに繋がります。

〇植物性セラミド
こんにゃくや米などに由来して作られています。こんにゃくなどはリーズナブルなので、最近ではよく見かけるセラミドです。

30代の若い肌はセラミド構造がしっかりしていますが、50代以降の肌はセラミドが減少しています。乾燥を放置するとシワが出来る原因にもなっています。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別